天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 観測技術

常光線

複屈折を起こす材料の中を進む光のうち、光学軸に垂直な偏光状態を持つ光。光学軸と傾いた方向に進んでも, 光学軸の向きに進む時と同じ屈折率を持つ。ウォラストンプリズムも参照。

2017年08月26日 観測技術

主ビーム能率

電波望遠鏡の重要な性能の一つで、アンテナビームの全立体角に占める主ビームの立体角の割合をいう。0から1の値をとり、1に近いほど性能が良い。慣例的に変数で表記される。すなわち、である。観測で得られたアンテナ温度を主ビーム能 […]

2017年08月26日 観測天文学

主系列フィット法

距離のわかっている星団の色-等級図と、距離を知りたい星団の色-等級図を比較して、主系列の明るさ(等級)の違いから星団の距離指数を求め、距離を知る方法。主に散開星団の距離決定に用いられる。かつては宇宙の距離はしごにおいて、 […]

2017年08月26日 理論

重力相互作用

重力を参照。

2017年08月26日 原子・分子過程

振動準位

分子の量子力学的な振動状態を表す言葉。量子力学によると粒子の微視的状態は離散的な多数のレベルに分かれる。分子の振動運動についてもその各レベルは対応するエネルギーで区別され、これらのエネルギーレベルを振動準位と呼ぶ。エネル […]

2017年08月26日 原子・分子過程

振動遷移線

分子において、量子力学的な異なる2つの振動準位の間の遷移に伴って放出される光子(輝線もしくは吸収線)のこと。ラマン散乱も参照。

2017年08月26日 観測天文学

重元素

金属を参照。

2017年08月26日 観測天文学

シラス(巻雲)

主に遠赤外線による観測によって、天の川銀河(銀河系)の円盤から離れたところにもやもやとした構造として見られる星間雲。地球上の雲である巻雲(シラス雲)と見かけが似ているため、この名前が付いた。星間ダストの熱放射に起源を持つ […]

2017年08月26日 観測天文学

重元素量

金属量を参照。

2017年08月26日 観測技術

収差

電磁波の波面の乱れのため、結像にぼけが生じること。単色の光の波面収差分布はゼルニケ多項式展開で表すことができるが、3次までの項は5つのザイデル収差で記述できる。この他に媒質の色分散に起因する色収差がある。光学系の設計で用 […]

2017年08月26日 原子・分子過程

紫外線電離

光電離のこと。電離を参照。

2017年08月26日 観測技術

収差係数

主にザイデル収差の5つの係数を指す。

2017年08月26日 観測天文学

収束点法

運動星団と呼ばれる生まれたばかりの散開星団の距離を固有運動と接線速度から求める方法。運動星団は空間内をひとかたまりで運動している。この星団の星々の固有運動の軌跡は天球上で1点に収束するように見える。この点を収束点という。 […]

2017年08月26日 理論

自由電子

原子核に束縛されていない、すなわち原子内部のエネルギー準位に拘束されていない、空間を自由に運動している電子。金属内で金属結合を担い、電気伝導の役割を果たす伝導電子も自由電子と呼ばれる。

2017年08月26日 観測天文学

写真等級

写真乾板に写った天体の明るさ(写真の黒み)をもとに決められた等級。初期の写真乾板は主に青色波長域に感度があったので、写真から決めた等級は、肉眼で見た明るさから決めた等級(緑から黄色の波長域にウエイトがある)と系統的にずれ […]

2017年08月26日 観測技術

写野

視野を参照。

2017年08月26日 観測技術

シュプリームカム

すばる望遠鏡の主焦点に搭載された広視野カメラ。大気分散補正機能を持つ5群7枚のレンズ系からなる主焦点補正光学系により、視野の縁まで画質が劣化しないカメラを実現した。34分角 27分角の広視野を画素の大型CCD素子10枚を […]

2017年08月26日 観測技術

絞り

カメラのレンズなどの光学系において、通過する光量を調節するために設ける円形(に近い)穴の開いた遮蔽板。民生品では、必要な光量に容易に調整できるように複数の薄い板で構成し穴の直径(面積)を変化させる形式のものが多い。撮像す […]

2017年08月26日 観測技術

視野

観測で一度にとらえることができる天球面上の範囲。画像を対象とする場合には写野ともいわれる。英語の頭文字をとってFoVと表記されることもある。視野は通常、望遠鏡の光学系や検出装置の大きさで決まる。干渉計の場合には、干渉計を […]

2017年08月26日 観測技術

射出瞳

絞りより後にある光学系によって作られる絞りの像。出射瞳という場合もある。物点の位置にかかわらず、光学系を通過した光線は、あたかも射出瞳から像点に向かって収束するような軌跡を描く。射出瞳が無限遠にある光学系を像側でテレセン […]

関連画像

射出瞳の概念。(山下卓也氏作成)