天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

写真等級

 

よみ方

しゃしんとうきゅう

英 語

photographic magnitude

説 明

写真乾板に写った天体の明るさ(写真の黒み)をもとに決められた等級。初期の写真乾板は主に青色波長域に感度があったので、写真から決めた等級は、肉眼で見た明るさから決めた等級(緑から黄色の波長域にウエイトがある)と系統的にずれることがわかり、その区別をするために前者を写真等級、後者を実視等級と定義した。後には実視等級も写真観測から決められるようになったので、写真実視等級とも呼ばれる。写真等級は m_{\rm pg}、実視等級はm_{\rm v} または m_{\rm pv} と表記する。現代の測光システムの中では、写真等級はBバンド、実視等級はVバンドの等級に近い。

2018年03月06日更新

関連画像