天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡

高

よみ方

じぇいむずうぇっぶうちゅうぼうえんきょう

英 語

James Webb Space Telescope(JWST)

説 明

宇宙最初の星や銀河の形成、宇宙の再電離、太陽系外惑星の形成や生命の起源などの解明を目指すアメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙天文台。ハッブル宇宙望遠鏡の後継機。
対角が1.3 mの六角形をした軽量化ベリリウム製のセグメント鏡を18枚合わせて6.5 mの主鏡を構成する。打ち上げ時には主鏡が3つに折りたたまれており、打ち上げ後にサンシールド(日よけ)などとともに展開される。観測可能波長は0.6-28 μmで、MIRI、NIRspec、 NIRCam、FGSの4台の観測装置を搭載し多様な観測が可能である。NASAの二代目長官ジェイムズ・E・ウエッブにちなんで命名された。
JWSTは2021年12月25日にラグランジュ点 L2(地球からの距離150万km)を目指してギアナ宇宙センターからアリアン5型ロケットで打ち上げられた。2022年1月9日までに折り畳んだ状態で打ち上げられた主鏡やサンシールドなどの展開作業が完了した。約6ヵ月後に観測が始まる予定である。
宇宙望遠鏡も参照。
ホームページ:https://www.jwst.nasa.gov/


Wall Street JournalによるJWSTの紹介ビデオ(Illustration: Adele Morgan/WSJ)

https://www.youtube.com/embed/rI4alFk5agQ


ラグランジュ点L2の回りのJWSTの軌道を示すアニメーション

https://www.youtube.com/embed/6cUe4oMk69E

2022年01月11日更新

この用語に対するご意見・ご要望をお寄せください。

    関連画像

    JWSTを搭載してギアナ宇宙センターから飛び立つ「アリアン5」ロケット(Credit: ESA/CNES/Arianespace)
    https://sorae.info/space/20211226-jwst.html より転載
    L2点で観測するJWSTの想像図。(クレジット:NASA)。
    http://www.jwst.nasa.gov/images/jwst_new1.jpg