天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3200語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

カプタイン

 

よみ方

かぷたいん

英 語

Kapteyn, Jacobus Cornelis

説 明

カプタイン(Jacobus Cornelius Kapteyn;1851- 1922)はオランダの天文学者。ユトレヒト郊外のバルネベルトで生まれ、ユトレヒト大学にて物理学で学位を取得した。その後、ライデン天文台に入所して本格的に天文学を学び、1878年にグロニンゲン大学の天文学教授になった。ギル(D. Gill)がケープ天文台で撮影した南天の天体写真を測定・整理し、1896年にケープ写真掃天星表を出版した。1897年にバーナード星に次いで固有運動の大きいカプタイン星を発見、1902年には初めて絶対等級の考え方を提唱している。恒星の固有運動を測定するために三角視差法を導入、統計的手法もあわせて全天の恒星の固有運動が互いに反対方向を向いた二つの大きな流れになっていることを見出した(二星流説、1904)。これは、天の川銀河銀河系)が回転していることの最初の証拠となった。1906年、全天の恒星を区域に分けて数える星計数法(スターカウント)を導入して、恒星の分布を調べ始めた。これは、世界の40天文台を巻き込んだ最初の本格的な国際的共同研究であった。結果は1922年に発表され、レンズ状の天の川銀河の構造を明らかにした。その大きさは4万光年で、太陽は中心から2000光年と求められた。このモデルでは星間吸収は無視されていたが、カプタインの死後その効果が大きいことが分かり、天の川銀河の大きさは10万光年と訂正された。
1902年に王立天文学会ゴールドメダル、1913年にはブルースメダルを受賞している。

 

参考:https://phys-astro.sonoma.edu/brucemedalists/jacobus-kapteyn

2024年02月11日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    カプタイン
    カプタインの肖像画(Jan Vethによる)
    http://en.wikipedia.org/wiki/Jacobus_Kapteyn