天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

お詫び: 現在、サイト表示に不具合が生じており、LaTeX数式が含まれる用語おいて、正しく数式が表示されておりません。文中に$$・・$$と示されている箇所です。現在、原因を調査中ですが、ご利用の皆様にはご不便をおかけしますことを心よりお詫びいたします。

はくちょう座X-1

 

よみ方

はくちょうざえっくす1

英 語

Cygnus X-1

説 明

恒星質量ブラックホール候補を含むX線連星として有名なX線源。地球からの距離は約1900 pcと推定されている。変光星でもあり、はくちょう座V1357星(V1357 Cyg)という名前もある。X線放射は不規則な時間変動を示すことが知られている。また、VLBI観測によりジェットが噴き出していることが分かっており、マイクロクェーサーにも分類される。
青色超巨星と、太陽質量の10倍程度の質量をもつブラックホールが、周期約5.6日で共通重心の周りを回っていると考えられている。超巨星からブラックホールに物質が強い重力で引き寄せられて降着円盤がつくられ、高温に熱せられてX線を放射し、円盤に垂直方向にはジェットが噴き出していると解釈されている。ブラックホールは毎秒800回転という高速で回転している。
ブラックホール連星X線連星も参照。

2020年10月26日更新

関連画像

はくちょう座X-1の想像図。右側の伴星から物質がブラックホールの重力に引かれて流れ込み、降着円盤をつくっている。降着円盤と垂直方向にはジェットが噴き出している。
https://chandra.harvard.edu/photo/2011/cygx1/