天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2018年02月20日 時と暦

皆既日食

日食を参照。 皆既日食のようす 2006年3月29日の皆既日食(トルコ・シデにて撮像)(クレジット:国立天文台) ECLIPSE 2006 IN TURKEY

2017年10月28日 装置・施設・データベース

KAGRA大型低温重力波望遠鏡

岐阜県飛騨市にある神岡鉱山の中に建設された日本の大型低温重力波 望遠鏡。KAGRAの愛称(KAは神岡のKA, GRAはGravity やGravitational wave といった重力をイメージする言葉の頭の文字をとっ […]

2017年08月26日 太陽系

カリスト

木星のガリレオ衛星の一つ。

2017年08月26日 太陽系

ガリレオ衛星

木星の衛星のなかで、サイズが大きい、イオ、エウロパ、ガニメデ、カリストを指す。直径はそれぞれ、3632 km、3138 km、5262 km、4820 kmである。公転周期はそれぞれ、1.76日、3.55日、7.16日、 […]

2017年08月26日 太陽系

カッシーニの間隙

土星の主要リングであるAリングとBリングの間にある領域。カッシーニの空隙ともいう。1675年にカッシーニ(G. Cassini)が地上からの観測により、リング中に暗い溝のように見える領域のあることを発見したため、この名が […]

2017年08月26日 太陽

活動極小期

太陽周期活動を参照。

2017年08月26日 太陽

活動極大期

太陽周期活動を参照。

2017年08月26日 太陽

活動領域(太陽の)

太陽黒点の周囲では磁場が強くH𝛂線やX線で明るく輝き、ときにはフレアやプロミネンス爆発などの活発な現象が発生する。このような領域を太陽活動領域という。黒点領域は強い磁場をもつN極とS極の対で現れるため、一つの活動領域には […]

2017年08月26日 太陽系

ガニメデ

木星のガリレオ衛星の一つ。

2017年08月26日 理論

核融合

軽い原子核同士が融合して、重い元素が生成される核反応。天文学では殻燃焼という言い方もしばしばなされる。陽子同士が融合して重水素が生成される反応や、重水素同士が融合してヘリウム3を生成する反応、3つのアルファ粒子から炭素が […]

2017年08月26日 太陽系

火星

質量6.41 ✕ 1023 ㎏、赤道半径3396 kmはそれぞれ地球の約0.107倍、0.532倍である。密度は3930 ㎏m-3で、地球型惑星の中では最も低い。火星の会合周期は約780日(2年と2ヵ月)なので、この間隔 […]

2017年08月26日 太陽系

寡占的成長

微惑星が衝突合体を繰り返して惑星が形成される惑星集積過程において、複数の原始惑星が同じような質量増加率で大きくなること。暴走的成長の結果形成された原始惑星の質量が大きくなってくると、原始惑星近傍の微惑星は原始惑星による重 […]

2017年08月26日 太陽系

火球

流星のなかでも極めて明るいもの。流星と火球の境界にはさまざまな定義が使われてきたが、2017年に国際天文学連合のF1委員会(流星、隕石、惑星間ダスト)が、関連分野の基本用語の定義や解説を採択し公表した。そこでは100 k […]

2017年08月26日 太陽系

カイパーベルト

エッジワース-カイパーベルト天体を参照。

2017年08月26日 太陽系

カイパーベルト天体

エッジワース-カイパーベルト天体を参照。

2017年08月26日 太陽系

外惑星

太陽系の惑星のなかで、地球よりも外側の軌道をとる惑星を指す。火星、木星、土星、天王星、海王星が含まれる。外惑星が地球から見て太陽と反対側にくるときを衝と呼ぶ。外惑星の英訳語はsuperior planetであり、oute […]

2017年08月26日 太陽系

外縁天体

太陽系外縁天体を参照。

2017年08月26日 太陽系

海王星

木星、土星、天王星とともに巨大ガス惑星の一つである。軌道長半径は約30 au、質量は地球質量の約17倍、自転周期は約16時間、平均密度は約である。海王星は大部分が水、アンモニア、メタンの氷からできており、中心には岩石から […]

2017年08月26日 太陽系

海王星以遠天体

太陽系外縁天体を参照。

2017年08月26日 太陽系

カークウッドの間隙

火星軌道と木星軌道の間には無数の小惑星が存在し、小惑星帯と呼ばれている。小惑星帯の小惑星の数を軌道長半径の関数として表すと、いくつかの場所で小惑星数が極端に少なくなっているところがある。これをこの特徴の発見者であるカーク […]

関連画像

上の横軸に木星との公転周期の比に相当する軌道長半径の位置が示してある。
https://www.rikanenpyo.jp/kaisetsu/tenmon/tenmon_027.html