天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 銀河・銀河団

渦状腕

渦巻腕を参照。

2017年08月26日 銀河・銀河団

ガスのはぎ取り(銀河の)

銀河団の外部にあった渦巻銀河が銀河団の重力に引かれて中心部に落ち込んでいく際に、高温の銀河団ガスから動圧(ラム圧)を受けて銀河円盤のガスがはぎ取られること。銀河に働く環境効果の1つ。動圧は銀河団ガスの密度に比例し、銀河の […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

化学進化(銀河の)

星生成活動に伴って銀河内の星間ガス中、および新たに生まれる星の大気中の金属量が増えること。ただし金属量とは、炭素より重い元素一般を指す。銀河の中で生成された大質量星は、生成されてから数百万年以内に超新星爆発を起こし、恒星 […]

2017年08月26日 観測天文学

改訂ハッブル分類

ドゥ・ボークルール分類を参照。ハッブル分類も参照。

2017年08月26日 銀河・銀河団

回転曲線(銀河の)

円盤銀河において、銀河円盤の星やガスは銀河中心の周りを同じ方向に回転している。回転速度を銀河中心からの距離の関数として描いたものを回転曲線という。多くの円盤銀河では、回転曲線は銀河中心から剛体回転のように立ち上がって数 […]

2017年08月26日 高エネルギー現象

ガンマ線源

ガンマ線を放出する天体。GeV ( eV)領域のガンマ線を観測しているフェルミ衛星の最初のカタログには、1451個のガンマ線源が掲載されており、うち689個がブレーザー、2個が電波銀河、2個がその他の活動銀河、2個がスタ […]

2017年08月26日 理論

ガンマ線天文学

ガンマ線の観測により行われる天文学。熱的過程からは、エネルギーが足りないためにガンマ線は発生しない。数MeVまでのガンマ線は原子核の放射性崩壊からも発生するが、さらに高いエネルギーでは高エネルギー粒子の関与した過程から放 […]

2017年08月26日 高エネルギー現象

ガンマ線バースト

米国の核実験探知衛星 「Vela」が発見したガンマ線の突発現象。秒程度から数時間にわたってガンマ線がバースト的に放出され、その後数日間にわたりアフターグロー(残光)が観測されることもある。ガンマ線バーストの継続時間の分布 […]

2017年08月26日 理論

荷電交換反応

プラズマ中で中性原子の電子が自身の束縛エネルギーに等しいエネルギーのイオンの束縛状態に移行する反応。 電子は通常高い励起状態に移行するので、基底状態に遷移するとき高いエネルギーの単色X線を放射する。そのため通常の熱的プラ […]

2017年08月26日 高エネルギー現象

可視激変クェーサー

可視光でも劇的に明るさを変えるクェーサーをいう。ブレーザーと呼ばれる天体の一種で巨大質量ブラックホールから放出される相対論的ジェットを真正面から見ているため、見かけの強度が増幅され、変動時間が圧縮されると考えられている。

2017年08月26日 観測天文学

カスケード

高エネルギー粒子が物質中で原子核と相互作用すると、多数の2次粒子が発生する。高エネルギーの2次粒子群は、物質中を進行しながらさらに相互作用を起こし、その総粒子数をネズミ算的に増加させていく。この現象をカスケード(またはカ […]

2017年08月26日 観測天文学

核ガンマ線

原子核が放射性崩壊を起こす際に発生するガンマ線のこと。天文学ではが半減期約100万年で逆ベータ崩壊するときや軌道電子捕獲する際に生じる1.8 MeVのガンマ線が有名。大質量星の中にはを大量に作り星間空間に放出するものがあ […]

2017年08月26日 理論

化学平衡

互いに逆方向に進む化学変化が同速度で進んで、全体の様子に変化が生じない状態。平衡状態も参照。

2017年08月26日 理論

核スピン

原子核が持つ量子力学的な角運動量のこと。原子核を構成する陽子と中性子の持つスピン角運動量と、それらが原子核内部で運動することに対応する角運動量とを合成した角運動量になる。電子などが磁気モーメントを持つのと同様に、原子核も […]

2017年08月26日 原子・分子過程

回転遷移

分子の回転準位間の遷移のこと。分子の回転のエネルギーは量子力学では量子化され、エネルギー固有値は回転量子数(角運動量の量子数)やそれの回転対称軸への射影であるなどで表される。これらの量子数の値によって異なるエネルギー準位 […]

2017年08月26日 原子・分子過程

回転量子数

分子の回転エネルギーは量子力学では量子化されるが、そのエネルギー固有値である角運動量量子数のこと。記号で表す。一般には、その回転対称軸への射影を表す量子数と合わせて離散的なエネルギー準位が決まる。2つの異なる原子からなる […]

2017年08月26日 理論

緩和時間

系が平衡からずれた状態から平衡状態に近づく時間の目安を与える時間尺度。具体的には、平衡状態からのずれが指数関数的に減少する際の時定数。この場合、緩和時間がであれば、平衡状態からのずれは に比例して、時刻が経つにつれ減少す […]

2017年08月26日 理論

慣性系

ニュートン(I. Newton)の運動の第一法則(慣性の法則)が成り立つ座標系のこと。つまり、外力が働いていない物体が、静止し続けるか等速直線運動となるような座標系である。慣性座標系も参照。

2017年08月26日 理論

慣性系の引きずり

一般相対性理論において回転する重力源の周りの時空が遠方の慣性系に対して引きずられるように回転する効果。この効果のため回転する重力源に自由落下する観測者は無限遠で静止している観測者に対して回転方向に角速度を持つ。レンス-チ […]

2017年08月26日 理論

慣性座標系

ニュートン(I. Newton)の運動の第1法則(慣性の法則)が成り立つ座標系のこと。つまり、外力が働いていない質点(自由粒子)が、静止し続けるか等速直線運動をするような座標系である。慣性系ともいう。一つの慣性座標系から […]

関連画像