天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 装置・施設・データベース

カイパー飛行機搭載天文台

地上からは困難な赤外線観測を行うための望遠鏡を搭載した飛行機天文台。軍用輸送機C-141Aの民間改良型をベースに防震装置に載せられた口径91.5 cmの望遠鏡を機体前部側面に搭載する。大気中の水蒸気による吸収のために近赤 […]

2017年08月26日 観測技術

乾板スケール

イメージスケールを参照。

2017年08月26日 観測技術

乾板定数

天体画像において、画像上の 座標と、その画像に投影された天球面上の座標(標準座標)との対応関係を表す係数のこと。もともとは写真乾板(photographic plate)が検出器として使用されていたため、この名前がある。 […]

2017年08月26日 観測技術

干渉縞

同一光源からの光の干渉によって生じる縞模様。天体観測装置では、ファブリー-ペローエタロンを干渉分光素子として用いたり、薄膜を用いた干渉フィルターとして光の干渉効果を積極的に利用することがある。一方で、ガラス板の裏面反射に […]

2017年08月26日 観測技術

干渉フィルター

ガラス表面に複数の誘電体薄膜を形成し、空気と誘電体、誘電体とガラス基板、および異なる誘電体どうしの界面で生じる反射光と透過光の干渉の特性が波長に依存することを利用して、必要な波長帯の光のみが透過するように、誘電体成分とそ […]

2017年08月26日 観測天文学

角分解能

天体を観測するとき、2つの近接した天体を識別できる最小の角度。角度分解能ともいう。大気ゆらぎを含む観測システムの点像分布関数の半値幅またはレイリーの解像限界で表される。 角分解能を決める要因には、 1. 大気ゆらぎ 2. […]

2017年08月26日 観測天文学

可視光

波長 0.4-0.8 μm 程度の電磁波の名称。波長によって色が違って見える。人間の目に感じるところからこの名前が付いた。 表面温度が約6000 Kの太陽から放射される電磁波は可視光域の波長約 0.5 μm のところでそ […]

2017年08月26日 観測天文学

可視度

1. 開口合成型の電波干渉計で得られる最も基本的な測定量。ビジビリティという英語名も広く用いられている。具体的には、基線を構成するそれぞれの素子アンテナが測定する電場信号間の相互相関関数である。得られた可視度は、天球面に […]

2017年08月26日 観測技術

画素

デジタル画像の画像情報(強度や色)を持つ最小単位のこと。英語読みのままピクセルとも言う。画像は画素の2次元の配列で表現される。英語のpixelはpicture element から作られた合成語である。

2017年08月26日 観測天文学

化学組成

元素存在度を参照。天文学では、鉱物の化学組成(chemical composition)のような一般用語とは少し違った使われ方をする。元素組成、元素組成比、元素存在比などの言葉も同じ意味で用いられる。

2017年08月26日 観測技術

可干渉性

2つ以上の波動が同一地点に同時に到達する場合に、それらの間で干渉現象が見られる場合、これらの波の間には可干渉性があるという。単に干渉性という場合もある。英語のコヒーレンスをそのまま用いることも多い。定量的には、周波数ない […]

2017年08月26日 観測天文学

角距離

角度で表した2点間の距離のこと。2つの天体A, Bがあり、観測者をOとすると、AOBが角距離である。 天文学では普通、天球上で測った2天体間の角距離を指す。

2017年08月26日 観測天文学

角径距離

膨張宇宙で遠方の天体までの距離を測る場合、光が届く間にも宇宙は膨張しているので、注意が必要である。 角径距離は、天体の実際の大きさと見かけの大きさの比にもとづいて与える距離であり、その値は天体までの座標距離に、その天体か […]

2017年08月26日 観測天文学

角直径

視直径を参照。

2017年08月26日 観測天文学

回転量度

対応する英語をそのまま読む「ローテーションメジャー」も広く用いられている。ファラデー回転を参照。

2017年08月26日 観測天文学

ガウス光学

数学者ガウス(C.F. Gauss)が、それまでのニュートンの薄肉レンズに対する法則を拡張して、厚さを持つレンズ系にも適用できる光学体系として、近軸光線の範囲で確立したもの。この理論の登場で、各レンズはその前面と後面の符 […]

2017年08月26日 観測天文学

ガウス像点

ガウス光学における結像点。

2017年08月26日 観測技術

開口測光

測定する天体の中心にその中心を置いた一定の半径の仮想円(開口(aperture))内の天体からの光を積分して、その天体の明るさを定量的に見積もる測光手法。恒星などの点光源の明るさを測定する場合、通常は星像直径の2.5倍か […]

2017年08月26日 観測技術

開口能率

アンテナ開口能率を参照。

2017年08月26日 観測天文学

回折

波が障害物の背後に回りこむ現象を回折という。電磁波、音波、表面波や量子力学的波動などすべての波に見られる。回折効果は障害物の大きさと波長が同程度のときに著しく観察される。障害物の形状や配置により、回折された波が干渉して回 […]

関連画像

* 回折の原理図。障害物の間の狭い隙間(スリット)を通過すると、波は通過前の進行方向からずれた方向にも回り込んで進む。ホイヘンスの原理も参照。
* 望遠鏡開口による回折と結像作用。
西川淳「回折限界・干渉」、シリーズ現代の天文学第15巻、家・岩室・舞原・水本・吉田編『宇宙の観測I』第2版 3.4節 図3.12(日本評論社)
点源による回折パターン。エアリーディスクの外側に第一回折環が見える。(ボストン大学 Brian Burton)
http://outreach.atnf.csiro.au/education/senior/astrophysics/resolution_sensitivity.html