天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

アウトバースト

 

よみ方

あうとばーすと

英 語

outburst

説 明

天体の急激な増光現象をいう。可視光に限らず、電波、X線、ガンマ線放射などの急激な強度の増大も含む。
新星超新星、変光星などで見られる現象である。矮新星激変星白色矮星を含む連星系で、
相手の星からの星風の増加や降着円盤の不安定性によって起こる。同様に中性子星やブラックホール連星系の場合はX線新星として観測される。古典新星とX線バースターはそれぞれ白色矮星と中性子星に降着した物質の突然の核融合反応で起こる。
ガンマ線バーストは数秒から数時間にわたってガンマ線が閃光のように放出されその後X線の残光が数日間見られる現象で、天文現象の中で最大のアウトバーストである。

2018年03月10日更新

関連画像