天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

マジックガンマ線望遠鏡

 

よみ方

まじっくがんませんぼうえんきょう

英 語

Major Atmospheric Gamma Imaging Cherenkov Telescope(MAGIC)

説 明

(Major Atmospheric Gamma-ray Imaging Cherenkov Telescope) マックスプランク物理学研究所を中心に、ドイツなどの国際協力でガンマ線天文学のためにカナリア諸島ラパルマ(標高2200 m)に建設された2台の大気チェレンコフ望遠鏡。口径17 m(総面積236\,{\rm m}^2)の反射鏡を備え、1台目は2004年、2台目は2009年に観測を開始した。2台の大口径望遠鏡でチェレンコフ光像をステレオ観測することにより、数10 GeV以上のガンマ線シャワーを精度良くとらえることができ、かにパルサー活動銀河核からのガンマ線をとらえるなどの成果を得ている。
ホームページ:
https://www.mpp.mpg.de/en/research/astroparticle-physics-and-cosmology/magic-and-cta-gamma-ray-telescopes/magic/

2018年12月11日更新

関連画像

マジックガンマ線望遠鏡
http://home.infn.it/it/approfondimenti/esperimenti/1389-magic-major-atmospheric-gamma-imaging-cherenkov-telescope