天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ヘスガンマ線望遠鏡

 

よみ方

へすがんませんぼうえんきょう

英 語

High Energy Stereoscopic System(H.E.S.S.)

説 明

ドイツやフランスを中心とした国際共同実験として、2003年からアフリカのナミビアの高地(海抜1800 m)で高エネルギーガンマ線の観測を開始した12 m望遠鏡4台による大気チェレンコフ望遠鏡システム。複数台によるチェレンコフ光のステレオ観測により優れた角分解能を持ち、初めてTeV(=10^{12}\,{\rm eV})領域で超新星残骸の広がった像をとらえ、銀河面 サーベイを行って数十個のTeVガンマ線源を発見するなど、TeVガンマ線の分野の発展において大きな役割を果たしている。2012年からは中央に28 m望遠鏡1台(H.E.S.S. II)を増設して観測を行っている。ヘス(V.F. Hess)は1912年に宇宙線を発見したドイツ人物理学者の名前でもある。
ホームページ:https://www.mpi-hd.mpg.de/hfm/HESS/

2018年12月11日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    ヘスガンマ線望遠鏡
    http://www.mpi-hd.mpg.de/hfm/HESS/pages/about/chronology/images/HESS_Complete.jpg
    ヘスガンマ線望遠鏡(中央が28 m口径のH.E.S.S. II望遠鏡)
    https://www.mpi-hd.mpg.de/hfm/HESS/pages/about/telescopes/images/Array_overviewS.jpg