天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ウォルフ,マックス

 

よみ方

うぉるふ,まっくす

英 語

Wolf, Maximilian Franz Joseph Cornelius

説 明

マックス・ウォルフ(Maximilian Franz Joseph Cornelius Wolf;1863-1932)はドイツの天文学者。1888年にハイデルベルグ大学で博士号を取り、1896年ハイデルベルク大学教授、写真術を駆使して数百個の小惑星を発見、恒星、星雲の研究にも活躍した。広視野天体カメラによる星野撮影にスターカウント法を導入して暗黒星雲を研究し(バーナードとともに初めて暗黒星雲の存在を正しく理解した)、北アメリカ星雲をはじめ、何千もの星雲や銀河を発見した。また、渦状星雲のスペクトルは恒星に似ていて、散光星雲と異なることを最初に示した天文学者の一人である。ミュンヘンのドイツ博物館建設のアドバイザーを務めながら、現代プラネタリウムのアイデアをドイツ博物館館長のオスカー・フォン・ミューラーと提案、1923年にカール・ツァイス社によって第1号機が作られた。

 

参考: http://www.phys-astro.sonoma.edu/brucemedalists/wolf/index.html

2021年03月20日更新

関連画像

マックス・ウォルフ(https://en.wikipedia.org/wiki/Max_Wolf#/media/File:Max_Wolf.jpg)