天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 太陽系外惑星

パルサータイミング法

中性子星(パルサー)の周りを公転する惑星の検出方法。もし中性子星に惑星があると、中性子星は惑星の重力を受け、惑星との共通重心の周りを公転する。惑星の軌道面が視線方向に対して垂直でない限り、中性子星は視線方向に運動し、中性 […]

2017年08月26日 太陽系外惑星

ハビタブルゾーン

地球と似た生命が存在できる惑星系の空間。生命居住可能領域、生存可能圏などとも呼ばれる。液体の水が天体表面に安定に存在できる条件(表面温度が0℃ー100℃の範囲)から求められる。恒星のまわりの惑星やその衛星で定義されること […]

2017年08月26日 太陽

白斑

可視光で太陽の光球を観測したときに光球よりも明るく観測される領域のこと。白斑は波長430 nmを中心に1 nm程度の透過幅をもつ狭帯域フィルターで見ると高いコントラストで観測することができる。白斑は黒点の周りや、太陽極領 […]

2017年08月26日 太陽系外惑星

バイオマーカー

バイオシグナチャーを参照。

2017年08月26日 原子・分子過程

パッシェン系列

水素原子で電子が主量子数  のエネルギー準位とそれよりも上の準位の間で遷移することによる一連の輝線あるいは吸収線の総称である。主に近赤外線で放射され、1908年にドイツのパッシェン(F. Paschen)によって発見され […]

2017年08月26日 原子・分子過程

半禁制線

量子力学では、エネルギー準位間の遷移には選択律があり、遷移前後での量子数の変化に一定の規則がある。 電気双極子放射で多電子系のスピン-軌道相互作用が厳密にL-S結合に従っていれば、合成スピン量子数はと変化しないことが要請 […]

2017年08月26日 原子・分子過程

バルマー系列

水素原子で電子が主量子数  のエネルギー準位とそれよりも上の準位の間で遷移することによる一連の輝線あるいは吸収線の総称である。個別の線はバルマー線と呼び主なものには名前が付けられている。可視光から波長364.6 nm(バ […]

2017年08月26日 観測天文学

バルマー不連続

水素原子のバルマー系列の吸収が束縛-束縛遷移による離散的な吸収から束縛-自由遷移による連続吸収へと変化する波長(3646Å)で見られる連続スペクトルの段差のこと。バルマージャンプあるいはバルマーブレイクともいう。またこの […]

2017年08月26日 観測天文学

バルマージャンプ

バルマー不連続を参照。

2017年08月26日 原子・分子過程

バルマー線

バルマー系列を参照。

2017年08月26日 理論

パラ水素

原子核(陽子)の核スピンの向きが反平行の状態の水素分子をパラ水素と呼ぶ。 一方、揃っているものはオルソ水素と呼ばれる。

2017年08月26日 理論

バリオン

三つのクォークからなるバリオン数を持った素粒子のこと。核子と呼ばれる陽子と中性子、およびラムダ粒子、シグマ粒子、クサイ粒子などがある。字句の意味は質量を持った重い粒子。 天文学では(ダークマターではなく)通常の物質を構成 […]

2017年08月26日 理論

ハドロン

強い相互作用を行う粒子の総称。重粒子ともいう。クォーク(と反クォーク)とグルーオンから構成されており、3つのクォークから構成されるバリオン(baryon, 強粒子)と、クォーク-反クォークの対から構成される中間子(mes […]

2017年08月26日 人名

バンアレン

アメリカの宇宙科学者(1914-2006)。アイオワ州出身、アイオワ大学を卒業、1939年に同大学から核物理学で学位を取得。戦後、海軍から退役して、ジョンズ・ホプキンス大学の応用物理学研究所に入り、ドイツ軍から押収したV […]

2017年08月26日 人名

ハレー

イギリスの天文学者(1656-1742)。ハレー彗星の軌道を計算したことで有名。ニュートン(I. Newton)の友人。豊かな商人の子で、南天の星表をセントヘレナ島で作成して王立協会会員となる。会員として実験科学で活躍し […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

VIRGO干渉計

2007年から観測を開始したイタリアとフランスを中心にした全世界的重力波検出プロジェクト。イタリア・ピサのカシーナに設置されている、直交する基線長3 kmの巨大なレーザー干渉計を用いた重力波検出器である。反射鏡によって実 […]

2017年08月26日 人名

バブコック

アメリカの天文学者(1882-1968)。カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、ウィルソン山天文台で1907年から1948年まで研究した。ウィルソン山天文台の太陽観測用のブルース望遠鏡、塔望遠鏡を用いて、太陽の磁場を観 […]

2017年08月26日 人名

ハマソン

アメリカの天文学者(1891-1972)。ヒューメイソンと表記されることもある。ウィルソン山天文台の工事現場で資材を運ぶラバ使いとして働いていたが、次第に頭角を現し、天文台完成後は優秀な観測天文学者となり、微光銀河の写真 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

はるか衛星

VSOP衛星計画の第1号機として、宇宙科学研究所が開発し打ち上げた世界初の本格的スペースVLBI衛星である。大型精密展開構造機構の研究を主要な目的とした工学実験衛星として、1989年に開発が開始された。そして、1997年 […]

2017年08月26日 人名

ハッブル

エドウィン・ハッブル(Edwin Hubble; 1889-1953)はアメリカの天文学者。銀河の速度-距離関係を見つけて宇宙が膨張していることを実証した。アメリカのミズーリ州に生まれ、奨学金でイギリスに留学し、シカゴ大 […]

関連画像

ハッブル
エドウィン・ハッブル
https://en.wikipedia.org/wiki/Edwin_Hubble
* エドウィン・ハッブル著「The Realm of the Nebulae」とその中にある速度-距離関係(ハッブル-ルメートルの法則)を表す図。右図で、遠方の銀河ほどH, K線が大きく赤い方にずれている(赤方偏移している)ことがわかる。(作成 岡村定矩)