天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 装置・施設・データベース

パイオニア探査機

太陽系探査のために1958年から1973年まで相次いで打ち上げられた、アメリカ航空宇宙局(NASA)の探査機。3号までは月を目指していたが、いずれも失敗。4号(1959年3月打ち上げ)は月に60000 kmまで近づき地球 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

パイオニアビーナス探査機

アメリカ航空宇宙局(NASA)による金星探査計画。パイオニアビーナス1号は、1978年5月20日に打ち上げられ、レーダーにより金星全体の地形のマッピングを行った。雲や大気の観測や太陽風粒子の観測を、1992年まで継続して […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

バイキング探査機

アメリカ航空宇宙局(NASA)が1975年に打ち上げた2組の火星探査計画。バイキング1号と2号はそれぞれ軌道船と着陸船で構成され、軌道船は火星表面の詳細な画像を取得した。1号着陸船は1976年7月20日、クリュセ平原に着 […]

2017年08月26日 星間物質と星形成

林トラック

HR図上で縦に移動するTタウリ型星の進化の道筋のこと(図参照)。 重力エネルギーを解放して輝いているTタウリ型星はほぼ星全体が対流状態になっている。また、星の表面付近でイオンの連続吸収が卓越しているため、放射の吸収係数の […]

2017年08月26日 星間物質と星形成

林の禁止領域

HR図上で林トラックの右側(低温側)の領域のこと。この領域には平衡状態にある恒星が存在できないという意味で禁止領域(forbidden zone)と呼ばれる。

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ハーバード大学天文台

アメリカのハーバード大学の研究所として1839年に設立された。マサチューセッツ州ケンブリッジにある。1973年以降はスミソニアン天文台(1890年設立)とともに、ハーバード-スミソニアン天体物理学研究センターとして運営さ […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

バイエル星図

ウラノメトリアを参照。

2017年08月26日 時と暦

薄明

日の出前と日の入り後、太陽が地平線以下にあるのに空が完全に暗くならない時間帯のこと。これは、太陽の光が上空の大気で散乱されて光っているためであり、空の明るさは刻々変わる。太陽の伏角(太陽の中心位置と地平線のなす角度)によ […]

2017年08月26日 観測天文学

バーデの窓

天の川銀河の中心に近い方向にある、星間減光が特に小さい領域。銀経、銀緯 付近にある。可視光以外の観測ができなかった時代には天の川銀河の中心付近を観測する唯一の領域だといわれていたが、可視光で見える星は天の川銀河の中心から […]

2017年08月26日 理論

波動光学

光線の軌跡を追いかけて光学系を論じる幾何光学に対し、マクスウェル方程式を用いて、光の波動としての性質を考慮し、光の干渉、回折、偏光、散乱を取り扱う手法を指す。物理光学ともいう。

2017年08月26日 理論

反ド・ジッター宇宙

負の宇宙定数を持ったアインシュタイン方程式の真空解。ド・ジッター宇宙も参照。

2017年08月26日 装置・施設・データベース

パークス天文台

オーストラリアのニューサウスウェールズ州パークスにある電波天文台。オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の天文宇宙科学部門が運営しているオーストラリア電波望遠鏡国立施設(ATNF)の一つである。1961年に完成 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

バーチャル天文台

仮想天文台を参照。

2017年08月26日 観測天文学

白道

天球上における月の見かけの通り道のこと。黄道に対して約5.1°傾いている。

2017年08月26日 恒星

はくちょう座P星型輪郭

P Cyg プロファイルを参照。

2017年08月26日 恒星

ハーバード分類

星のスペクトル分類の一つ。1918-24年にかけて、ハーバード大学天文台のピッカリング(E. Pickering)と キャノン(A.J. Cannon)は30万近い星を線スペクトルの特徴にもとづいて分類し、ヘンリードレー […]

2017年08月26日 理論

晴れ上がり

宇宙の晴れ上がりを参照。

2017年08月26日 理論

バリオン音響振動

宇宙初期には、バリオンと光子がトムソン散乱により強く結合して一体となり、一つの流体として振る舞う。このバリオン光子流体は圧力を持つため、空間的なゆらぎがあると、それは音波振動となって空間中を伝播する。これをバリオン音響振 […]

2017年08月26日 理論

ハリソン-ゼルドビッチスペクトル

宇宙初期の空間的密度ゆらぎのスペクトルに対する一つの型で、パワースペクトルを波数の関数として表したときのように波数に比例するものをいう。現実の初期ゆらぎは近似的にこの型のスペクトルを持っていると考えられている。この型のゆ […]

2017年08月26日 理論

ハッブル時間

ハッブル定数の逆数で表される時間。宇宙年齢の目安となる。宇宙の大きさ(スケール因子)を縦軸に、時間を横軸に取った図を描いたとき、ハッブル定数は現在の時刻におけるグラフの接線の傾きとなる。この傾きを過去に外挿して縦軸がゼロ […]

関連画像

* 宇宙の大きさ(正確にはスケール因子)を時間の関数で表した図。宇宙定数のないフリードマンモデルの場合である。Ω0 は宇宙にある物質の密度を表す密度パラメータで、Ω0 が1より大きいと宇宙膨張は途中から収縮に転じる。Ω0=0 は物質のない宇宙なので、膨張は減速しない。このモデルの宇宙年齢がハッブル時間である。
(作成 岡村定矩)
* 宇宙定数Λのない場合とある場合のフリードマンモデルの比較。
(作成 岡村定矩)