天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 装置・施設・データベース

Virgo干渉計

2007年から観測を開始したイタリアとフランスを中心にした全世界的重力波検出プロジェクト。イタリア・ピサのカシーナに設置されている、直交する基線長3 kmの巨大なレーザー干渉計を用いた重力波検出器である。反射鏡によって実 […]

2017年08月26日 人名

バブコック

ハロルド・バブコック(Harold D. Babcock; 1882-1968)はアメリカの天文学者。カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、ウィルソン山天文台で1907年から1948年まで研究した。後期には息子のホーレ […]

2017年08月26日 人名

ハマソン

アメリカの天文学者(1891-1972)。ヒューメイソンと表記されることもある。ウィルソン山天文台の工事現場で資材を運ぶラバ使いとして働いていたが、次第に頭角を現し、天文台完成後は優秀な観測天文学者となり、微光銀河の写真 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

はるか衛星

VSOP衛星計画の第1号機として、宇宙科学研究所が開発し打ち上げた世界初の本格的スペースVLBI衛星である。大型精密展開構造機構の研究を主要な目的とした工学実験衛星として、1989年に開発が開始された。そして、1997年 […]

2017年08月26日 人名

ハッブル

エドウィン・ハッブル(Edwin Hubble; 1889-1953)はアメリカの天文学者。銀河の速度-距離関係を見つけて宇宙が膨張していることを実証した。アメリカのミズーリ州に生まれ、奨学金でイギリスに留学し、シカゴ大 […]

2017年08月26日 人名

ハギンス

イギリスの天文学者(1824-1910)。恒星や星雲の分光観測を行った19世紀のアマチュア天文学者で、30歳のときにロンドン郊外に私立天文台を建て、望遠鏡に分光器をつけて眼視、のちに写真で天体のスペクトルを観測する方法を […]

2017年08月26日 人名

ハーシェル,カロライン

ドイツ生まれのイギリスの女性天文学者(1750-1848)。兄、ウィリアム・ハーシェルの観測助手を務めて天体観測を行い、自らもハーシェル・リゴレ周期彗星など、いくつかの彗星を発見した。またウィリアムの観測を整理して星雲カ […]

2017年08月26日 人名

バーデ

ドイツ生れでアメリカの天文学者(1893-1963)。星に2種類の種族があることを発見した。ハンブルグ天文台勤務の後、アメリカに移住して、ウィルソン山天文台、パロマー天文台において星雲の観測で活躍した。ハンブルグ天文台の […]

2017年08月26日 観測技術

ハイパーシュプリームカム

シュプリームカムの後継機として開発されたすばる望遠鏡の主焦点広視野カメラ。主焦点補正光学系で確保される直径1.5度角(実寸約40 cm)にわたる高画質の広視野を、116枚の大型CCDで撮影する。略称はHSC。 2012年 […]

2017年08月26日 人名

バービッジ, ジェフリー

イギリス出身の天文学者(1925-2010)。宇宙における元素合成をまとめた理論をつくった。またビッグバン宇宙論ではない宇宙論を主張した。夫人は観測天文学者のマーガレット・バービッジ。ブリストル大学で歴史学と物理学を学び […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ハッブル宇宙望遠鏡

アメリカ航空宇宙局(NASA)がヨーロッパ宇宙機関(ESA)との協力の下で開発し運用する口径2.4 mの宇宙望遠鏡。1990年4月24日にスペースシャトル「ディスカバリー」によって打ち上げられ、高度約600 kmを約10 […]

2017年08月26日 人名

ハーシェル, ウィリアム

ドイツ出身のイギリスの天文学者(1738-1822)。金属反射望遠鏡をつくり、天王星を発見し、天の川銀河(銀河系)の円盤構造を明らかにした。ドイツのハノーバー生まれ。軍楽隊員としてヨーロッパ各地を巡回した後、イギリスへ移 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

はくちょう衛星

日本で最初のX線天文学 衛星として、1979年2月にM-3Cロケット4号機で打ち上げられ、1985年4月まで観測を続けた。すだれコリメータを搭載し、広い視野でX線源の位置を特定することが可能で、X線バースターの研究などに […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ハーシェル宇宙天文台

遠赤外線およびサブミリ波を用いて主に低温宇宙を観測するためにヨーロッパ宇宙機関(ESA)が中心となって開発した天文衛星。 2009年5月14日にプランク衛星と相乗りで打ち上げられ、太陽-地球の ラグランジュ点(L)に投入 […]

2017年08月26日 観測技術

反射防止膜

レンズ表面からの反射を低減するための薄膜。波長の光についてレンズ表面に有効厚さの薄膜があると、薄膜の表面側で反射した光と裏面側で反射した光の位相は だけ異なるため打ち消し合い反射光強度はゼロとなるはずである。このような反 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ハーシェル衛星

ハーシェル宇宙天文台を参照。

2017年08月26日 観測天文学

バンド

1. 測光システムを参照。 2. バンドスペクトルを参照。

2017年08月26日 観測技術

反同時計数法

2つの検出器の信号出力パルスのタイミングを比較して、片方のパルスが存在し、もう一方に同時にパルスが存在しないときのみ信号処理を行う方法。主検出器を副検出器で囲み、外部から主検出器に侵入した粒子を排除し、内部で発生した粒子 […]

2017年08月26日 観測技術

バンドギャップ

固体内部では電子の持つことが可能なエネルギーに制限があるが、結晶内部では構成原子の周期構造から複数の連続的なエネルギー範囲(「許容帯」もしくは「バンド」)を取ることができる。そのバンドとバンドの間は、電子はその範囲のエネ […]

2017年08月26日 観測技術

パワーリサイクリング(光の)

レーザー干渉計では、ショット雑音が最小になるように干渉縞が暗い状態で信号の検出を行うが、このとき入射したレーザー光は光源側に反射される(図(a)参照)。ここに図(b)のように鏡を挿入し、もう一度入射光と位相を合わせて干渉 […]

関連画像

パワーリサイクリングの概念図
パワーリサイクリングの概念図
http://annex.jsap.or.jp/OSJ/50th_cd/main/keyword/kansho_011_01.htm