天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2018年02月20日 観測技術

A/D変換

アナログ-デジタル変換のこと。

2018年02月20日 装置・施設・データベース

エッフェルスベルク電波天文台

ドイツのボンにあるマックスプランク電波天文学研究所(MPIfR)が運用している、ボンから約40 km離れた谷にある電波天文台。口径100 mの電波望遠鏡を持つ。この望遠鏡は1972年に観測を開始し、周波数が600 MHz […]

2018年02月20日 人名

エディントン

イギリスの天体物理学者(1882-1944)。クエーカー教徒の家に生れ、マンチェスター大学、ケンブリッジ大学を卒業した。1905年にグリニッジ天文台の助手に採用され、ケンブリッジ大学の教授を経て1914年にはケンブリッジ […]

2018年02月20日 理論

エディントン近似

恒星大気の放射場を等方的と扱う近似。光学的に十分厚い大気の内部では放射場はほぼ等方的と考えてよく、放射輸送方程式の扱いが簡単になり(拡散近似)、放射場のモーメント, のあいだに簡単な関係が成り立つ()。ここでは光の強度を […]

2018年02月20日 理論

エディントン限界光度

中心天体に周囲から物質が落ち込む球対称降着において、放射による力と重力のつり合いで決まる限界光度をいい、エディントンにより最初に導かれた。 この限界光度より明るくなると放射圧が重力に勝るので、天体自身が飛ばされるか、ある […]

2018年02月20日 時と暦

干支

干支とは十干と十二支を組み合わせて作った符号で、10と12の最小公倍数である60の組み合わせがある。十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)は、きのえ・きのと、ひのえ・ひのと、つちのえ・つちのと、かのえ・かのと、みずのえ・みずのとで […]

2018年02月20日 理論

エネルギー運動量テンソル

時間あるいは空間一定面を横切るエネルギーおよび運動量の流束を表す物理量で、 2階のテンソルで表現される。流体静止系では、エネルギー密度(時間・時間成分) および運動量密度(空間・時間成分)、エネルギー流束(時間・空間成分 […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NGCカタログ

デンマーク生まれでアイルランドで活動した天文学者ドライヤー(John Dreyer; ドレイヤーとも表記)が1888年に発表した、星団、星雲、銀河など、見かけの様子が単独の恒星とは異なる天体の天球上での位置と様相を示した […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NOAO

アメリカ国立光学天文台を参照。

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NRAO

アメリカ国立電波天文台を参照。

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NSO

アメリカ国立太陽天文台を参照。

2018年02月20日 恒星

N型星

ハーバード分類で化学組成の違いに対応する系列の低温度星。R型と共にC型(炭素型)と呼ばれる。CとOの原子数の比C/Oは太陽では∼0.5であるが、C型はC/O>1であるような低温の星である。C、CN、CH分子による吸 […]

2018年02月20日 観測技術

XF相関器

相関器を参照。

2018年02月20日 観測天文学

X線

波長が0.01-1nm 程度である電磁波の名称。波長が0.2 nm程度より短いものを硬X線、それより長いものを軟X線ということがある。電磁波も参照。 1895年にドイツのレントゲン(W. R”ontgen)により発見され […]

2018年02月20日 高エネルギー現象

X線源

強いX線を放射する天体の総称。おもにX線連星系や激変星であるが、超新星残骸、原始星ジェット、X線パルサー、活動銀河核、銀河団など、さまざまな天体がX線を放射している。太陽もX線源である。

2018年02月20日 高エネルギー現象

X線新星

ある時突然X線で輝き始め、やがてまた暗く消えていく天体。X線連星系において、コンパクト星であるブラックホールや中性子星へさまざまな機構により間欠的にガスが流入するために明るさが激しく変動する現象と考えられている。X線望遠 […]

2018年02月20日 高エネルギー現象

X線星

X線源のなかで星に対応する天体、おもにX線連星系、激変星、活動星などである。

2018年02月20日 理論

X線天文学

宇宙からのX線を観測することにより天体や現象を調べる天文学の分野。超高温天体や超高温ガスなどから放出される波長が0.01-10 nm 程度(光子のエネルギーとして0.1-100 keV程度)の光をX線と呼ぶが、X線は大気 […]

2018年02月20日 高エネルギー現象

X線バースター

X線バーストを参照。

2018年02月20日 高エネルギー現象

X線パルサー

X線を放射するパルサー。多くは連星系をなしており、通常の恒星から強い磁場を持つ中性子星の周囲にガスが質量降着することにより、ガスの重力エネルギーが解放されてX線を放射する。この際角運動量を中性子星に与えて、パルサーの回転 […]

関連画像