天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2018年02月20日 装置・施設・データベース

アレシボ天文台

米国の自治領であるプエルトリコのアレシボにある米国立天文電離層センター(NAIC)の電波天文台。コーネル大学とアメリカ空軍研究所の研究者らが中心となり、アメリカ国防高等研究計画局が資金を出して建設、1963年に完成した口 […]

2018年02月20日 宇宙の進化

泡構造

宇宙の大規模構造を参照。

2018年02月20日 理論

暗黒エネルギー

ダークエネルギーを参照。

2018年02月20日 星間物質と星形成

暗黒星雲

ガス星雲のうちで、低温度(20 K程度)かつ高密度(500水素原子 cm-3 程度以上)で、多量のダストを含むため、背後の天体からの光がダストに遮られて黒い雲のように見えるもの。この名称は見かけの様相に由来する。暗黒物質 […]

2018年02月20日 理論

暗黒ハロー

ダークマターハローを参照。

2018年02月20日 理論

暗黒物質

ダークマターを参照。

2018年02月20日 観測技術

アンシャープマスキング

画像の微細構造(高周波成分)を強調するために使われる画像処理の技法。原画像をピンぼけ状態にぼかした画像(アンシャープマスク)を原画像から差し引くことで、微細構造が強調される。写真の場合は、アンシャープマスクを原画像とネガ […]

2018年02月20日 観測天文学

アンテナ温度

電波望遠鏡で受信された信号の強さを表す物理量で温度の物理次元を持つ。で与えられる。ここで、は単位周波数あたりの電力、はボルツマン定数である。熱力学的な考察により、レイリー-ジーンズの近似式が成り立つ範囲において、アンテナ […]

2018年02月20日 観測天文学

アンテナ開口能率

アンテナの物理的な面積に対する、電波を受信するのに有効に使われる面積の比()。当然ながら、である。略して、開口能率という場合もある。開口能率が1にならない理由は、主に3つある。1つは、主焦点に設置された機器または副鏡とそ […]

2018年02月20日 観測技術

アンテナ配置

開口合成望遠鏡を構成する素子アンテナが設置されている空間的な配置のこと。アンテナ配置が決まれば、基線も決まるので、同時に取得できるビジビリティの(u, v)面上での分布も決まる。したがって、同じ台数の素子アンテナを持つ干 […]

2018年02月20日 観測天文学

アンテナパターン

ビームパターンを参照。

2018年02月20日 観測天文学

アンテナ利得

特定の方向について、それ以外の方向に比べてどの程度の感度を持つかを示す量で、どの方向に対しても一様に感度を持つ無指向性アンテナを基準とする。アンテナの性能を表す量の1つ。方向依存性まで含む場合は、ビームパターンと同一の概 […]

2018年02月20日 観測技術

暗電流

電子的光検出器に光が入射していないときに 流れる電流のこと。検出器のノイズ源の一つで、小さいほど性能が 良い。光検出器では、入射した光子によって伝導帯に励起された電 子による電流(電荷)を測定して光を検出する。電子が 検 […]

2018年02月20日 銀河・銀河団

アンドロメダ銀河

矮小銀河を別にすれば、大小マゼラン雲に次いで天の川銀河(銀河系)に近い銀河。カタログ番号では、M 31(メシエカタログ)あるいはNGC 224(NGCカタログ)とも呼ばれる。アンドロメダ座にあり、距離は約770キロパーセ […]

2018年02月20日 観測技術

案内星

望遠鏡で観測するときにガイドのために用いられる星。ガイド星ともいう。ガイド(天体追尾)を参照。

2018年02月20日 観測技術

案内望遠鏡

目的天体を視認し導入するために小口径の天体望遠鏡に同架する広視野の小型望遠鏡のこと。これはファインダーと呼ばれることが多い。ガイドに使われるものはガイド望遠鏡と呼ぶ。

2018年02月20日 装置・施設・データベース

ALMA

アルマ望遠鏡を参照。

2018年02月20日 観測技術

アンテナ配列

アンテナ配置のこと。

2017年12月26日 太陽系外惑星

アストロメトリ法

太陽系外惑星の検出方法の一つ。恒星に比べると惑星は非常に軽いが、恒星のまわりを惑星が公転すると、惑星の引力により恒星自体も微小にふらつく。この恒星の微小な運動が天球上の位置の周期的な変化として、固有運動に重なって検出され […]

2017年08月26日 太陽系

ICME

惑星間空間擾乱を参照。

関連画像