天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

Tタウリ型星

高

よみ方

てぃーたうりがたせい

英 語

T Tauri star

説 明

可視光でも観測される若い星のことであり、前主系列星の一種。
スペクトルHα線などの輝線が見られる。原始星が進化して、周りのガスが少なくなった状態の星であり、内部構造において対流が卓越していると考えられる。HR図林トラック上にある。中心での水素の核融合反応はまだ始まっておらず、重力収縮に伴う重力エネルギーを解放することで輝いている。光学ジェットにより励起されたハービッグ-ハロー天体などを伴って観測される場合がある。1945年にウィルソン山天文台のジョイ(A. Joy)により新しいタイプの変光星として発表された星の典型がおうし座のT星であったため、Tタウリ型星と名付けられた。

2019年02月06日更新

関連画像

Tタウリ型星のスペクトルエネルギー分布とそのモデル。
http://th.nao.ac.jp/MEMBER/tomisaka/Lecture_Notes/StarFormation/4/node7.html
*Tタウリ型星の模式図
* HR図上に見られるいろいろな星。輝線を示す星は灰色で、吸収線の強さに異常を示す星は白抜きで表示してある。
岡崎敦男「HR図上のいろいろな星」、シリーズ現代の天文学第7巻、野本・定金・佐藤編『恒星』 1.8節 図1.38(日本評論社)