天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

サハ-ボルツマンの式

 

よみ方

さはぼるつまんのしき

英 語

Saha-Boltzmann equation

説 明

電離平衡と熱平衡を仮定した場合に、あるエネルギー準位をとる粒子の割合を表す式。電離段階\alphaでエネルギー準位iにある粒子の密度をn_i^{\alpha}、イオン化エネルギーをI^{\alpha}、励起エネルギーをE_i^{\alpha}とすると、以下の関係になる。
 n_i^{\alpha} =n_0^{\alpha + 1} \times N_{\rm e} \frac{g^{\alpha}_i}{g_0^{\alpha + 1}} CT^{-3/2} \times \exp\left[+\frac{(I^{\alpha} - E_i^{\alpha})}{k_{\rm B}T}\right]
ここでTは温度、N_{\rm e}は電子密度、g_i^{\alpha}はこの準位の粒子の統計重率で、C=h^3/2\times (2\pi m_{\rm e}k_{\rm B})^{3/2}は定数である。ただし、hプランク定数m_{\rm e}は電子の質量、k_{\rm B}ボルツマン定数サハの電離式も参照。

2019年09月10日更新

関連画像