天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

CHARIS

 

よみ方

かりす

英 語

CHARIS

説 明

Coronagraphic High Angular Resolution Imaging Spectrographの略語で、カリスと呼ばれる。主に太陽系外惑星の撮像・分光のために開発された、すばる望遠鏡用の赤外線分光器。地球大気による星像の乱れを高次まで補正する超補償光学系(SCExAO)と共に用い、2秒角四方の視野面の約130x130点を同時に分光することができる面分光器である。2048x2048素子のHgCdTe赤外線アレイ検出器を備え、波長は約1.15 μmから2.37 μmをカバーし、波長分解能は約70と約18の2つのモードがある。プリンストン大学、国立天文台などが開発した。2016年にすばる望遠鏡に搭載され、ファーストライトを迎えた。初期成果および装置画像についてはSCExAOの稿を参照。

2022年01月10日更新

この用語に対するご意見・ご要望をお寄せください。

    関連画像