天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3200語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

吸収線スペクトル

高

よみ方

きゅうしゅうせんすぺくとる

英 語

absorption line spectrum

説 明

吸収線を含むスペクトル。 通常の星のスペクトルは吸収線スペクトルである。太陽の可視光域に見られる吸収線はフラウンホーファー線と呼ばれる。

2020年06月16日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    吸収線スペクトル
    アリゾナ州キットピークにあるアメリカ国立太陽天文台のMcMath-Pierce太陽望遠鏡で撮影。可視光全域(波長400-700 nm)が折りたたんで表示されている。6 nmの波長範囲をカバーする帯が50本ある。多数のフラウンホーファー線が見られる。
    https://www.noao.edu/image_gallery/images/d5/sunx.jpg
    * さまざまなスペクトル型の星に見られる吸収線。
    定金晃三「さまざまな星とその観測」、シリーズ現代の天文学第7巻、野本・定金・佐藤編『恒星』1章/節 図1.2と図1.3(日本評論社)を改訂