天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

マイクロクェーサー

 

よみ方

まいくろくぇーさー

英 語

microquasar

説 明

天の川銀河銀河系)内にある相対論的ジェット天体をいう。活動銀河核との類似性からクェーサーのミニチュア版という意味でマイクロクェーサーと呼ばれる。電波観測によって、さそり座X-1やみずがめ座R星などでジェットが発見されていたが(1970頃)、1978年に発見されたSS433の詳細な解析によって、一挙に観測的および物理的な理解が進んだ。SS433は通常の恒星と高密度天体からなる近接連星系で、ジェットは降着円盤から吹き出している。その速度は光速の26%にもなる。その後、銀河系中心のX線源やその他の銀河系内ブラックホール天体からもジェットが見つかってきた。マイクロクェーサーは厳密な意味ではブラックホールに限られるが、実際は中性子星も含めて、銀河系内の相対論的ジェット天体の総称として用いられることが多い。

2018年04月18日更新

関連画像

SS433の電波画像。ジェットが歳差運動しながら吹き出している様子が分かる。https://public.nrao.edu/radio-astronomy/black-holes/