天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

パロマーシュミット望遠鏡

 

よみ方

ぱろまーしゅみっとぼうえんきょう

英 語

Palomar Schmidt telescope

説 明

パロマー天文台にある口径48インチ(122 cm)のシュミット望遠鏡。1987年にサミュエルオシン-シュミット望遠鏡という愛称がつけられた。今日まで、実質上世界最大のシュミット望遠鏡として活躍している(口径ではドイツのタウテンブルグ天文台にある口径134 cmのものが世界最大だが、これはシュミット専用望遠鏡ではない。また、1973年に完成したオーストラリアにあるUKシュミット望遠鏡(UKST)は、基本構造はオシン-シュミットのコピーで口径も同じである)。ヘール望遠鏡と同じ1948年に完成した。翌年の1949年から56年にかけて、アメリカ地理学協会の出資によって全天サーベイ(パロマー天文台スカイサーベイ)を行った。さらに、1987-99年にかけて第2次サーベイを行った。写真観測の時代が過ぎて、2003年にシュミット望遠鏡用の161メガピクセルのCCDカメラが開発され、現在はこれを用いてさまざまなサーベイ観測が行われている。
パロマー天文台ホームページ:http://www.astro.caltech.edu/palomar/homepage.html

 

 

2019年10月03日更新

関連画像

オシン-シュミット望遠鏡
http://www.astro.caltech.edu/palomar/about/telescopes.html
ガイド望遠鏡のアイピースをのぞくエドウィン・ハッブル(1949年)
(Mt. Wilson Archive, Carnegie Institution of Washington)
http://www.astro.caltech.edu/palomar/images/hubble.p48.jpg