天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

雑音等価電力

 

よみ方

ざつおんとうかでんりょく

英 語

noise equivalent power

説 明

検出器の感度を表す指標の1つ。等価雑音パワー、あるいは英語でのnoise equivalent powerを略したNEPと表記されることも多い。具体的には、帯域1Hzで信号対雑音比が1となる入射電力のことであり、よく使われる単位はW Hz-1/2。主として遠赤外線検出器の性能を表す場合に用いられる。
電波天文学でよく使われる感度の指標である受信機雑音温度 T_{\mathrm{RX}}とは
T_{\mathrm{RX}} =\frac{\mathrm{NEP}}{\sqrt{2}k_{\rm B}\sqrt{B}} ~\mathrm{[K]}
で換算可能である。ここで、B は観測する周波数帯域幅、k_{\rm B} はボルツマン定数である。

2018年04月24日更新

関連画像