天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

中性子

高

よみ方

ちゅうせいし

英 語

neutron

説 明

陽子とともに原子核を構成する電気的に中性の粒子。中性子と陽子を合わせて核子ということがある。質量は約1.675\times 10^{-27} kgで陽子よりわずかに大きい。中性子は原子核中では安定であるが、自由な中性子は平均寿命約15分で陽子に崩壊し、電子と反電子ニュートリノを放出する(ベータ崩壊)。素粒子の標準理論では、中性子はアップクォーク1つとダウンクォーク2つからできていて、ベータ崩壊はダウンクォークがW-ボソンを放出してアップクォークに変わり、そのW-ボソンが電子と反電子ニュートリノに変わるとして理解される。
天文学では中性子とその反応は、重元素の合成や中性子星など重要な役割を果たす。

2021年09月30日更新

この用語に対するご意見・ご要望をお寄せください。

    関連画像

    * 物質を作る原子と陽子・中性子の関係
    * 標準模型に含まれる素粒子の一覧。
    https://en.wikipedia.org/wiki/File:Standard_Model_of_Elementary_Particles.svg
    を参考にして制作。