天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

お詫び: 現在、サイト表示に不具合が生じており、LaTeX数式が含まれる用語おいて、正しく数式が表示されておりません。文中に$$・・$$と示されている箇所です。現在、原因を調査中ですが、ご利用の皆様にはご不便をおかけしますことを心よりお詫びいたします。

多世界解釈

 

よみ方

たせかいかいしゃく

英 語

many worlds interpretation

説 明

エベレット(H. Everett III)により提唱された量子力学の観測問題の解釈の一つ。コペンハーゲン解釈では、観測を行うと観測値に波動関数が収縮する、としているが、多世界解釈では観測者も系の一部であり量子力学的に振舞う、と解釈する。そして量子力学的に可能な状態の数だけたくさんの“世界”が存在するとし、観測を行って観測量が測定されるごとにそれらの多数の“世界”の中から一つの“世界”が選び出され、そのような選択の連続によって、観測者の属す量子力学的状態が進化していくと考えるのである。宇宙の波動関数のように、観測者が別に存在しない系を考えるときにはコペンハーゲン解釈は適用できず、多世界解釈が用いられる。

2018年03月06日更新

関連画像