天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

500メートル球面電波望遠鏡

 

よみ方

ごひゃくめーとるきゅうめんでんぱぼうえんえきょう

英 語

Five-hundred-meter Aperture Spherical radio Telescope (FAST)

説 明

中国科学院国家天文台により、中国南西部のミャオ族自治州平塘県に建設された口径500 の固定型電波望遠鏡。英語名称のFive-hundred-meter Aperture Spherical radio TelescopeからFASTと略称される。建設は2016年に完成し、2020年に正式に稼働を始めた。アレシボ天文台の口径305 mを抜いて世界最大の電波望遠鏡となった。
一度に観測するときの有効口径は300 m、観測可能範囲は天頂から約20度以内である。観測周波数は0.3-5.1GHz(波長1 m-6 cm)を予定しており、中性水素の21cm線メーザーを含むさまざまな分子輝線と電波の連続波(スペクトルを参照)、パルサーなどを主な観測対象としている。
中国科学院国家天文台ホームページ
http://english.nao.cas.cn/

2020年12月16日更新

関連画像

500メートル球面電波望遠鏡(2020年1月11日撮影)
出典 中国科学院国家天文台
http://english.nao.cas.cn/Research2015/Facilities2015/Telescopes2015/202009/t20200914_243043.html