天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

相転移

 

よみ方

そうてんい

英 語

phase transition of vacuum

説 明

気体から液体への変化のように、化学的、物理的に均一な物質の状態である相(phase)が他の相に移る現象。
宇宙論においてはビッグバン後にエネルギーの高い真空から低い真空に転移すること(真空の相転移)を指し、ここで解放されるエネルギー密度が宇宙の指数関数的膨張(インフレーション)を引き起こすとされる。宇宙初期には一つのみであった素粒子間の相互作用は、宇宙の温度低下とともに真空の相転移が起きて、現在の四つの力重力電磁気力強い相互作用弱い相互作用)に次第に分化していったと考えられている。ビッグバン宇宙論インフレーション理論クォーク-ハドロン相転移も参照。

2019年05月11日更新

関連画像