天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ブラソフ方程式

 

よみ方

ぶらそふほうていしき

英 語

Vlasov equation

説 明

無衝突プラズマ系におけるローレンツ力を受けて運動している荷電粒子の位相空間での粒子密度(速度分布関数)f に対する次の偏微分方程式をブラソフ方程式という。
\frac {\partial f}{\partial t}+\boldsymbol{v}\cdot {\it\nabla} f +\frac{e}{m}\left( \boldsymbol{E}+\frac{\boldsymbol{v}}{c} \times \boldsymbol{B} \right) \cdot \frac{\partial f}{\partial \boldsymbol{v}}=0
ここで、\boldsymbol{v}は粒子の速度、\boldsymbol{E}\boldsymbol{B}は電場と磁場の強さ、e電気素量(素電荷)、mは粒子の質量である。プラズマ中の電磁場は粒子の軌道によるので、電磁場と個々の粒子の運動は独立ではない。この式は、クーロン衝突による近接相互作用が無視できるときに成り立つ。重力相互作用する多体系の位相空間内の分布関数についても、衝突項の効かない場合は、ブラソフ方程式で記述されることがある。

2019年09月05日更新

関連画像