天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3200語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

夏の大三角

小

よみ方

なつのだいさんかく

英 語

Summer Triangle

説 明

デネブ(はくちょう座α(アルファ)星:α Cyg)、アルタイル(わし座α星: α Aql)、ベガ(こと座α星:α Lyr)の三つの明るい星を結ぶ細長い大きな三角形の星のパターンのこと。七夕伝説と結びついて広く親しまれている。ベガは「おりひめ(織姫)」、アルタイルは「ひこぼし(彦星)」であり、両者の間に天の川が通っている。日本では夏の間に最も見やすくなる(20時に南中するのは9月中旬)。夏の大三角形を作る三つの星のデータを表に示す。冬の大三角も参照。

星座の一覧表と明るい星の一覧表はこの辞典の「有用な諸データの表」にある。
https://astro-dic.jp/about/table/
星座の表
https://astro-dic.jp/constellations/
明るい恒星と近距離の恒星
https://astro-dic.jp/bright-stars-and-nearby-stars/

 

2023年05月12日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    *夏の大三角
    夏の大三角 2015年7月(撮影とクレジット:石川勝也)
    http://www.neptune.carina.gr.jp/wp/
    * 夏の大三角を構成する星のデータ