天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

リュウグウ

小

よみ方

りゅうぐう

英 語

Ryugu

説 明

はやぶさ2探査機の詳細観測とサンプルリターンのターゲットになった小惑星。1999年に発見され1999 JU3の仮符号がつけられ、後に正式に登録されてリュウグウ(162173 Ryugu)と命名された。浦島太郎の伝説などから竜宮(龍宮)にちなんでこの名前になった。
リュウグウは地球接近小惑星アポログループに属する小惑星である。スペクトル型がC型の炭素質小惑星で、はやぶさ探査機のターゲットとなったS型の小惑星イトカワ(Itokawa)と比べるとより始原的な天体で、有機物や含水鉱物をより多く含んでいると考えられている。反射率が低く(アルベドで4.6%)、太陽系でも最も黒い天体の1つである。直径は約900 mで、はやぶさ2探査機による観測で、全体的にはほぼ球形だが、そろばん玉のような形をしていることがわかった。自転周期は約7.6時間、公転周期は約1.3年である。
2014年12月3日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)により打ち上げられたはやぶさ2探査機は、2018年6月27日にリュウグウに到達した。2018年9月21日にはミネルバ2というローバをリュウグウに向けて投下した。リュウグウ表面で移動中にミネルバ2が撮影した写真が翌22日に送られてきて、着地に成功したことが確認された。はやぶさ2本体は2019年2月22日にサンプル採集のための最初のタッチダウンに成功した。さらに4月5日にリュウグウ表面に直径約10 mのクレータを作り、7月11日には2回目のタッチダウンを行ってクレータ内部からサンプルを採取した。2019年12月にはやぶさ2はリュウグウを離れて地球帰還の途につき、ほぼ1年後の2020年12月に地球に帰還接近し、12月6日未明、サンプルが入ったカプセルを切り離し、カプセルはオーストラリアの砂漠で無事回収された。
リュウグウとはやぶさ2探査機に関する最新のニュースは以下のサイトを参照。
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/

以下の動画に示す3Dデータについては日本プラネタリウム協議会の「リュウグウ3Dデータの公開について」を参照。
https://planetarium.jp/ryugu/


日本プラネタリウム協議会が製作したリュウグウの動画
(リュウグウ形状モデル+可視光ベースマップ+地名)
クレジット:JAXA/会津大/神戸大/東京大/高知大/立教大/名古屋大/千葉工大/明治大/産総研

https://www.youtube.com/embed/E7-cLerCAe8

2021年09月19日更新

関連画像

リュウグウの軌道。イトカワの軌道も描かれている。
(クレジット: JAXA)
はやぶさ2探査機によって22 kmの距離から撮影されたリュウグウ
(クレジット:JAXA, 東京大学, 高知大学, 立教大学, 名古屋大学, 千葉工業大学, 明治大学, 会津大学, 産業技術総合研究所)
2018年9月22日、11:44(日本時間)頃にRover-1Aが撮影。カラー画像。リュウグウ表面において移動中(ホップ中)に撮影されたもの。左側半分がリュウグウの表面。右側の白い部分は太陽光によるもの。(画像のクレジット:JAXA) http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20180922/
タッチダウン直後にタッチダウン地点付近を撮影した画像。 広角の光学航法カメラ(ONC-W1)によって、機上時刻で2019年2月22日07:30頃(日本時間)に撮影された。 (画像クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研) http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20190225_TD1_W1image/