天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

ロバートソン-ウォーカー計量

 

よみ方

ろばーとそんうぉーかーけいりょう

英 語

Robertson-Walker metric

説 明

宇宙空間の各点は本質的に同等であり、宇宙には端も中心も特定の向きも存在しない、という宇宙原理を満たす一様等方宇宙の計量のこと。その計量での時空間隔 ds
ds^2=-c^2dt^2+a^2(t)\Bigl[\frac{dr^2}{1-Kr^2}+r^2(d\theta^2+\sin^2\theta d\varphi^2)\Bigr]
と表すことができる。ここで、t は時間、(r, \theta, \varphi) は空間極座標、K は空間の曲率の符号であり、\pm 1 または0のいずれかの値をとる。a(t)スケール因子と呼ばれ、宇宙の大きさの時間変化を表す量である。

2018年04月24日更新

関連画像