天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

IXPE衛星

 

よみ方

IXPEえいせい

英 語

IXPE satellite

説 明

(Imaging X-ray Polarimetry Explorer)
NASAとイタリア宇宙機関の協力により、2021年12月9日にケネディ宇宙センターからスペースX社のファルコン9ロケットで打ち上げられたX線 偏光観測衛星。重量337 ㎏の小型衛星で、軌道傾斜角0.2 度、高度540 kmの低地球軌道に投入された。
同一設計の3台のX線偏光望遠鏡を搭載しており、それぞれ直径30 cm・焦点距離4 mのX線反射鏡と、2-8 keVのX線の偏光をとらえるガスピクセル検出器の組で構成されている。視野は12.9分角、角度分解能は25秒角、有効面積は2.4 keVで166cm^2である。エネルギー分解能は2.7 keVで22%、6.4 keVで16%であり、偏光に対する感度を示す変調因子(modulation factor)は2.6 keVで0.29、4 keVで0.43、6.4 keVで0.55である。(X線望遠鏡も参照。)
2022年2月に超新星残骸カシオペアAの偏光度の画像を発表し、広い範囲で1.8%±0.3%の偏光度があり、これを高エネルギー電子が磁場中で放出するシンクロトロン放射として、磁場が放射方向を向いていることを示した。

ホームページ:https://ixpe.msfc.nasa.gov/about/index.html

2022年11月21日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    IXPE衛星の想像図。(https://ixpe.msfc.nasa.gov/index.html)