天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

eROSITA望遠鏡

 

よみ方

いーろしーた

英 語

eROSITA telescope

説 明

ドイツのマックス・プランク地球外物理学研究所 (MPE) が開発したX線宇宙望遠鏡。2019年にロシアのバイコヌール基地から打ち上げられたロシアとドイツの共同ミッション「Spectrum-Roentgen-Gamma (SRG) 宇宙天文台」の主力観測装置。ラグランジュ点L2において7年間にわたり、中間エネルギー帯域(2-10keV)ではじめてとなるX線全天サーベイ観測を行う。また0.3-2 keVの帯域では、1990年代に実施されたROSAT衛星による全天サーベイ(0.3-2 keV)より25倍の感度向上が期待されている。2020年6月に最初の全天サーベイ観測を完了しデータを公開した。
ホームページ https://www.mpe.mpg.de/eROSITA

2022年01月11日更新

この用語に対するご意見・ご要望をお寄せください。

    関連画像

    組み立てを完了したSRG衛星 (Credit Roscosmos)。
    https://www.mpe.mpg.de/7604815/gallery