天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

Dn-σ 関係

 

よみ方

でぃーえぬしぐまかんけい

英 語

Dn-σ relation

説 明

楕円銀河の中の星の運動の速度分散 σ と一定の面輝度 n (mag/arcsec2) における銀河の直径 Dn との間の相関関係。1987年に、「七人の侍(Seven Samurai)」と称されたドレスラー(Alan Dressler)ら7人の研究グループによって提案されたフェイバーージャクソン関係(1976年)の改訂版である。楕円銀河に対する距離指標関係式として、宇宙の大規模構造、銀河の特異速度場、ハッブル定数の決定など幅広い分野の研究に用いられている。宇宙の距離はしごも参照。

2022年01月11日更新

この用語に対するご意見・ご要望をお寄せください。

    関連画像

    おとめ座銀河団とかみのけ座銀河団中の楕円銀河に対するフェイバーージャクソン関係(左)とDn-σ 関係(右)。Dn-σ 関係の方が分散(ばらつき)が小さいことが分かる。Dressler et al. 1987, ApJ, 313, 42 より転載。