天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

欧州原子核研究機構

 

よみ方

おうしゅうげんしかくけんきゅうきこう

英 語

European Organization for Nuclear Research(CERN)

説 明

1954年にヨーロッパの11ヵ国により、「Science for Peace(平和のための科学)」を掲げ設立された素粒子・原子核分野の世界最大規模の国際研究所。ヨーロッパ合同原子核研究機構などとも呼ばれるが、一般には、機構の開設を準備した組織のフランス語名称 Conseil Européen pour la Recherche Nucléaireの頭文字 をとったCERN(セルン)として広く知られている。
2021年現在では23ヵ国が加盟している。日本はオブザーバー国の一つである。スイスのジュネーブ郊外でフランスとの国境地帯にまたがって位置する。地下には全周 27 km の円形加速器である大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が、スイス-フランス国境を横断して設置されている。LHCで2012年にヒッグス粒子が発見された。

2022年01月13日更新

この用語に対するご意見・ご要望をお寄せください。

    関連画像

    CERNの航空写真。手前の滑走路はジュネーブ空港。
    https://www2.kek.jp/ja/newskek/2003/mayjun/lhcmagnet.html
    (写真提供 CERN)