天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

球状星団

高

よみ方

きゅうじょうせいだん

英 語

globular cluster

説 明

数10万個の星がほぼ球状に密集する星団。中心に行くほど急速に星の密度が高くなる。銀河を取り巻くハローの中に分布し、種族Ⅱに典型的な色-等級図を示す(両者の色-等級図の比較については散開星団を参照)。銀河形成の初期段階にできたと考えられているが、最近の観測から、銀河同士の衝突合体などに伴ってもできることがわかった。天の川銀河銀河系)では約150個の球状星団が知られている。一つの銀河に属する球状星団の個数や色の分布などは、銀河形成過程の情報を含んでいるため、近年は銀河系外銀河の球状星団の研究も盛んである。また、銀河に属する球状星団の光度関数は、銀河の距離決定の手段としても使える。アメリカの天文学者シャプレー(H. Shapley)は1918年に、球状星団の分布の研究から、太陽は銀河系(当時は宇宙そのもの)の中心ではなく端にあることや、銀河系の大きさを明らかにした。

2018年04月18日更新

関連画像

アングロ-オーストラリア望遠鏡で撮影された球状星団47 Tucの写真
Anglo-Australia Observatory
*シャプレイによる球状星団の分布図。左は銀河円盤を横から見た図で、網掛けの帯は吸収物質が濃く集まっているるところ。右は上から見た図で、実線矢印と破線矢印はそれぞれ円盤の上方と下方を示す。
(Shapley 1918, ApJ, 48, 154にある図を改変)