天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ダークバリオン

 

よみ方

だーくばりおん

英 語

dark baryon

説 明

バリオン物質の中で、いまだ未検出のものを指す。ダークバリオンの候補として、観測にかかりにくい暗い天体(褐色矮星白色矮星中性子星ブラックホールなど)と、銀河間空間に薄く広がった100万度から1000万度程度のガスなどが考えられている。

2018年09月16日更新

関連画像

*数値シミュレーションによって得られた物質分布。(a)ダークマター、(b) 銀河、(c) 銀河団に附随する高温ガス、(d) 未検出のダークバリオン。
北山哲・須藤靖「宇宙の観測」、シリーズ現代の天文学第3巻、二間瀬・池内・千葉編『宇宙論II』 1章 図1.24(口絵4)(日本評論社)