天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3200語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

筒頂環

 

よみ方

とうちょうかん

英 語

top ring

説 明

反射望遠鏡の筒先で副鏡または主焦点ユニットを支持するために設けられた環状の構造物のこと。望遠鏡の形状によっては必ずしも円環ではなく、多角形をしていることもある。たとえばケック望遠鏡においては六角形である。主焦点も参照。

2018年08月27日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    すばる望遠鏡の筒頂環。副鏡交換機構(作業員が乗っている黄色のアーム状構造)を使って、副鏡交換をしているところ。(国立天文台)