天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 観測天文学

等時線

星団のように多数の恒星が同時に生まれた集団で、誕生後のある特定の時刻に、さまざまな質量の恒星がHR図上に存在する位置をつないだ線。質量の異なる星の進化の違いを反映する。等時曲線ともいう。誕生当初は零歳主系列に並んでいた星 […]

2017年08月26日 理論

逃走的収縮

重力収縮により密度が上昇したとき、収縮を妨げる圧力などの力も上昇するが、自己重力がそれを上回って増大するため収縮が加速する状況。この逃走的収縮は、分子雲コアで中心密度がを超すころにはじまり、密度が近くに達するまで継続する […]

2017年08月26日 理論

閉じた宇宙

本来は、空間的に有限で、有限の体積を持つ宇宙モデルのことであるが、通常は正の曲率()を持つロバートソン-ウォーカー計量で表される宇宙モデルを指す。しかし、たとえば平坦な宇宙であっても、周期的座標を取って端点同士を同一視す […]

2017年08月26日 理論

ド・ジッター宇宙

ド・ジッター宇宙とは、正の宇宙項を持ったアインシュタイン方程式の真空解、すなわちエネルギー運動量テンソルがゼロの場合の解である。 空間は一様等方であり、スケール因子は指数関数的に増大する。初期宇宙のインフレーション時には […]

2017年08月26日 理論

トップダウンシナリオ

宇宙の構造形成がどのように進んだのかという問題に対する一つのシナリオ。トップダウンシナリオでは、銀河団や超銀河団など、大きな階層の構造ほど宇宙の初期に形成されたと考える。銀河や星などの小さな構造は、より大きな階層の構造が […]

2017年08月26日 理論

ドメインウォール

宇宙初期に生成されると考えられる位相的欠陥の一種で、面状の広がりを持つ2次元的な物体である。符号の反転に対応するような離散的な対称性が破れたときに生成される。真空多様体``M''が非連結成分、すなわち連続的に移りあえない […]

2017年08月26日 理論

特異点

曲率テンソルや物理量が無限大に発散し、物理法則を適用できない点のこと。

2017年08月26日 理論

特異点定理

一般相対性理論では重力崩壊や宇宙初期における超高密度の極限状態で、時空の曲率が無限に大きくなる状況が出現する。この状況を特異点、あるいは空間的に点とは限らずリング状の場合もあるので特異領域とも呼ばれる。 どのような状況で […]

2017年08月26日 理論

等曲率ゆらぎ

宇宙初期につくられる初期ゆらぎの種類の一種。等曲率ゆらぎとは、宇宙のエネルギー成分のうち、ある2種類の成分が逆の空間的ゆらぎを持ち、そのエネルギーの和に空間的なゆらぎがないものをいう。空間の曲率ゆらぎはエネルギー密度のゆ […]

2017年08月26日 理論

等ポテンシャル面

空間の中で、ポテンシャルが一定の値となるような曲面。ロッシュモデルも参照。

2017年08月26日 銀河・銀河団

トーラス(活動銀河核の)

活動銀河核の中心にあるブラックホールを取り巻くように存在するガスやダストでできたドーナツ状の領域のこと。周りから降着してきたガスは大きな角運動量を持つため、円盤状に分布するが、中心核からの強いジェットの影響で中抜けの構造 […]

2017年08月26日 高エネルギー現象

とかげ座BL型天体

活動銀河核の一種。クェーサーのような恒星状の天体。可視光では強い連続光を持ち、輝線は目立たない。一日以下の短い時間スケールで大きな変光が見られる。また、強い直線偏光も見られる。これらの特徴により、当初は変光星であると考え […]

2017年08月26日 観測天文学

共食い(銀河の)

銀河合体のことであるが、特に、小銀河が大銀河に合体して飲み込まれることをいう。力学摩擦によって大きな銀河に落下した小さな銀河が、強い潮汐力によって引き裂かれて壊され、大銀河へと吸収同化され、一体化すること。

2017年08月26日 観測天文学

ドゥ・ボークルール分類

銀河を見かけの形によって分類する形態分類の一つ。ドゥ・ボークルール(G. de Vaucouleurs)が提唱した。ハッブル分類をより詳細にしたもので、改訂ハッブル分類とも呼ばれる。渦巻銀河に対して、ハッブル分類のScの […]

2017年08月26日 観測天文学

特異運動(銀河の)

銀河は宇宙の膨張にともなって、銀河までの距離に応じて、より遠い銀河ほど大きな速度でわれわれから後退しているように見える(ハッブル-ルメートルの法則)。この宇宙膨張による見かけの速度(ハッブル流)以外の速度成分を特異運動と […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

特異銀河

異常な形態を持つ銀河のこと。反対方向に延びる2本の細長い尾や、リング構造、弧状のシェルなどが特徴的な構造である。銀河同士の衝突時の重力的相互作用(潮汐力など)の結果、銀河の形が歪められたり壊されたりすることによって生ずる […]

2017年08月26日 観測天文学

特異速度(銀河の)

特異運動(銀河の)を参照。

2017年08月26日 理論

トリプルアルファ反応

三重アルファ反応を参照。

2017年08月26日 理論

トンネル効果

ある高さの壁の向こう側にボールを渡すためには、その壁の高さ以上にボールを投げ上げることが必要である。この事実は、ボールはその全エネルギーが壁の高さに対応する位置エネルギーよりも大きい領域内でのみ運動可能である、と言い換え […]

2017年08月26日 理論

特異等温球モデル

球対称な自己重力系の密度分布のモデルの一つ。圧力を与える速度分散が一定であるため「等温」、また密度分布が半径の逆2乗に比例し中心で発散するので「特異」という。質量が半径に比例して増大するので、それを半径で割った重力ポテン […]

関連画像