天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3200語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

国際紫外線天文衛星(IUE)

 

よみ方

こくさいしがいせんてんもんえいせい

英 語

International Ultraviolet Explorer(IUE)

説 明

アメリカ航空宇宙局(NASA)、ヨーロッパ宇宙機関(ESA), 英国のSRCの国際共同で打ち上げられた口径45cmの紫外線観測衛星。以前の観測衛星よりも暗い天体まで、高精度なスペクトル観測ができた。1978年1月26日、NASAのデルタロケットによって打ち上げられ、1996年まで稼動した。アメリカ合衆国とヨーロッパの地上局にいる天文学者によってリアルタイムで管理された初の観測衛星。
18年間という長い運用期間の間に、115-320nmの紫外線領域をカバーする二台のエシェル分光器により9000天体に対して104000観測が実施された。代表的な観測成果としては、木星のオーロラ検出、星風の測定、SN1987Aの母天体の特定と爆発後の周囲のリングの検出、活動銀河核の時間変動、彗星の核中の硫黄分子の発見などがあげられる。
ホームページ:http://sci.esa.int/iue/

2019年05月13日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    国際紫外線天文衛星(IUE)
    http://sci.esa.int/jump.cfm?oid=28875