天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

天の赤道

小

よみ方

てんのせきどう

英 語

celestial equator

説 明

地球の赤道面が天球と交わる交線のことで、歳差章動によって変動する。歳差まで考慮したものは平均赤道、歳差と章動を考慮したものは真赤道という。赤道座標系も参照。

2020年07月23日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    * 天の赤道と赤道座標系
    郷田直輝「宇宙の起源と現在の姿」、シリーズ現代の天文学第1巻、岡村・池内・海部・佐藤・永原編『人類の住む宇宙』第2版 2章 図2.12 (日本評論社)をもとに製作。
    天の北極/南極/赤道
    * 天の赤道
    片山真人「天体位置の表現」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 2章 図2.5より改変 (日本評論社)