天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3200語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

キャリントン

 

よみ方

きゃりんとん

英 語

Carrington, Richard Christopher

説 明

キャリントン(Richard Christopher Carrington;1826-75)はイギリスのアマチュア天文学者。チェルシーの裕福なビール醸造業者の次男として生まれ、1858年に家業を継いでいる。1849年ケンブリッジ大学トリニティカレッジ卒業。1849年、ダーラム大学天文台などに勤務した後、私設天文台を作り北極周辺の星のカタログを手掛け、1857年に出版した。1853-61年に長期的な太陽黒点の観測を行い、太陽表面が差動回転していることや、黒点の出現場所に中緯度から赤道に向かうパターンがあること(シュペーラーの法則)を見出し、太陽の自転軸の方向を精密に決定した(1863年出版)。
1859年9月1日、過去 200年のうち最も大きなオーロラが出現し、北極から地球全体の2/3まで広がり、キューバからも見えたほどであった。この直前に太陽面に白色フレアが発生、キャリントンはこれを観測、スケッチを残し、巨大オーロラはこのフレアと関係していると考えた。この現象は後にキャリントン・イベントと呼ばれるようになった。
1859年、王立天文学会のゴールドメダルを受賞している。

 

参考:

https://web.archive.org/web/20060221112707/http://www.hao.ucar.edu/Public/education/bios/carrington.html

2024年02月21日更新

この用語の改善に向けてご意見をお寄せください。

受信確認メール以外、個別のお返事は原則いたしませんのでご了解ください。

    関連画像

    画像をクリックすると拡大されます

    リチャード・キャリントン
    https://www.solarstorms.org/SCarrington.html
    リチャード・キャリントンが描いた1859年9月1日の太陽黒点。AとBは当初強い明るい光が見えた場所で、消失する前の5分間にCとDの位置まで移動した。
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Carrington_Richard_sunspots_1859.jpg