天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

K殻電子捕獲

 

よみ方

けーかくでんしほかく

英 語

K-electron capture

説 明

原子核の放射性崩壊の一種で、原子のK電子殻(最も内側の軌道)にある電子が原子核に取り込まれ、原子核内の陽子と反応して中性子となり、同時に電子ニュートリノが放出される。この過程では、質量数は変化せず原子番号が一つ減少する。この放射性崩壊を起こす^{56}{\rm Ni}は7.6万年、^{56}{\rm Kr}は23万年の長い半減期を持ち、年代測定に用いられている。核宇宙年代学も参照。

2018年04月12日更新

関連画像

*http://manapedia.jp/text/146