天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ハイパーシュプリームカム

 

よみ方

はいぱーしゅぷりーむかむ

英 語

Hyper Suprime-Cam

説 明

シュプリームカムの後継機として開発された、すばる望遠鏡の主焦点で直径1.5度角(実寸約40 cm)の広視野を116枚の大型CCDで撮影するカメラ。略称はHSC。 2012年夏に試験観測を行い、2014年から運用されている。国立天文台カブリ数物連携宇宙研究機構を中心とする日本の研究機関、台湾の中央研究院天文及天文物理研究所(ASIAA)、及びプリンストン大学の国際協力で開発された。 2014年から、広帯域5枚(g, r, i, z, y)、狭帯域4枚(NB387, NB816, NB921, NB101)のフィルターを用いた「HSCすばる戦略枠プログラム」としてサーベイ観測を行っており、2017年2月に100平方度分のデータを公開した。 2017年5月にシュプリームカムが退役してからは、 世界最高性能のすばる望遠鏡の広視野撮像観測を一手に担っている。
2017年2月に公開されたデータは、世界中誰でも使うことができる。また、このデータを手軽に使える一般向け「HSCビューワ」も公開されている。
HSCサーベイ観測のサイト:http://hsc.mtk.nao.ac.jp/ssp/
HSCビューワ:http://hscmap.mtk.nao.ac.jp/hscMap2/

2018年09月04日更新

関連画像

ハイパーシュプリームカム(国立天文台)
https://www.naoj.org/Topics/2013/07/30/j_index.html




*ハイパーシュプリームカムの光学系。3組の補正レンズ、大気分散補償系(ADC)、フィルター、真空容器窓を合わせて光学性能を最適化している。
FOCASの構造図。コリメータ光学系で平行光束になった部分に分散素子(グリズム)、フィルター、偏光素子(波長板、ウォラストンプリズム)が配置されている。
佐々木敏由紀「天体観測装置」、シリーズ現代の天文学第15巻、家・岩室・舞原・水本・吉田編『宇宙の観測I』第2版 7.2節 図7.4 (日本評論社)
視野の比較
https://www.subarutelescope.org/Topics/2013/07/30/fig2j.jpg
ハイパーシュプリームカムの焦点面に置かれた大型CCD素子(国立天文台・HSC プロジェクト)
https://www.subarutelescope.org/Topics/2012/09/12/j_index.html