天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ハーシェル, ジョン

 

よみ方

はーしぇる, じょん

英 語

Herschel, John Frederick William

説 明

英国の天文学者、数学者、化学者、写真術の開拓者、発明家(1792 - 1871)。多くの分野で業績を挙げた万能科学者と言ってよい。父親は天王星の発見などで知られたウィリアム・ハーシェルで、その妹で同じく天文学者のカロライン・ハーシェルの甥でもある。大学卒業後、父親と天文学の共同研究を始めた。父親の二重星カタログの改訂・増補などの業績で、1825-6年に王立天文学会のゴールドメダル、フランスのラランデ賞を受賞。1821年には数学の研究でも、王立学会からコプリーメダルを授与された。王立天文学会会長の職は、生涯で3回歴任した。
1833年になって、南天の掃天観測を目指して、南アフリカのケープタウンに渡った。ケープタウンでは天文観測以外に、妻と共に植物学の研究も行った。1838年に英国に戻った後、1847年には『喜望峰における天文観測結果』を出版して、現在も使用される土星衛星7個の名前を提案した。また、後年、天王星の5個の衛星にも命名している。1864年には後のNGCカタログの基礎となる星雲星団の総合カタログ(GC)を出版した。1831年に書いた『自然哲学の研究序説』は科学研究の方法論を述べており、まだ学生だった進化論のチャールズ・ダーウィンに大きな影響を与えたことでも知られる。

2018年09月14日更新

関連画像

ハーシェル,ジョン
ジョン・ハーシェルの写真(1867, Julia Margaret Cameron による)
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Herschel