天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

BeppoSAX(ベッポーサックス)衛星

 

よみ方

べっぽーさっくすえいせい

英 語

BeppoSAX satellite

説 明

イタリア宇宙機構(Italian Space Agency(ASI))とオランダ宇宙プログラム機構(Netherlands Agency for Aerospace Programs(NIVR))がドイツの協力を得て開発したX線ガンマ線 衛星。1996年4月に高度600 km、軌道傾斜角3.9^\circの略円軌道に打ち上げられた。0.1-200 keVの広いエネルギー範囲をカバーする狭視野観測装置と、2-30 keVの範囲で20^\circ \times 20^\circ の広視野カメラを備え、ガンマ線バーストからのX線アフターグローを初めて1分角の精度で検出するなどの成果を挙げ、ガンマ線バーストの起源が天の川銀河銀河系)外の天体であることの解明に大きな役割を果たした。2002年5月に運用停止、2003年4月に大気圏に再突入した。「Beppo」はパイオン(パイ中間子)の発見に貢献したイタリアの物理学者オキアリーニ(Giuseppe Occhialini)の愛称である。
ホームページ:http://www.asdc.asi.it/bepposax/

2019年02月06日更新

関連画像

BeppoSAX衛星の外観図
http://heasarc.gsfc.nasa.gov/docs/sax/gallery/inst.html