天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 理論

マクスウェル-ボルツマン分布

古典力学に従う理想気体の熱平衡状態での分子の確率分布。マクスウェル分布ともいう。温度 の場合、質量が で速度が の分子は、 に比例して存在することを記述している。ここではボルツマン定数である。この式は、粒子の運動エネルギ […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

マゼラン雲流

大小マゼラン雲と天の川銀河(銀河系)を結ぶように存在する中性水素ガスがなす帯状の天体のこと。高速度雲の一種である。大小マゼラン雲から幅、長さにわたり天球上を直線状にペガスス座まで延びていて、一部は北半球からでも観測できる […]

2017年08月26日 高エネルギー現象

マグネター

通常の若い中性子星の磁場強度は磁極付近でテスラ(ガウス)程度である。これに対してテスラ(ガウス)もの極端に強い磁場を持ち、回転エネルギーの損失率で説明できないほど明るい高エネルギー電磁波、特にX線やガンマ線を放射する中性 […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

マゼラン雲

大マゼラン雲と小マゼラン雲をまとめて、この名で呼ぶ。大小マゼラン雲と呼ぶこともある。“雲”は地球から肉眼で夜空を見た際の印象に基づいて付けられた名で、実際は銀河である。このため、マゼラン銀河と呼ぶことも多い。

2017年08月26日 高エネルギー現象

マイクロクェーサー

天の川銀河(銀河系)内にある相対論的ジェット天体をいう。活動銀河核との類似性からクェーサーのミニチュア版という意味でマイクロクェーサーと呼ばれる。電波観測によって、さそり座X-1やみずがめ座R星などでジェットが発見されて […]

2017年08月26日 理論

巻き込みの困難

渦巻銀河の渦巻腕に位置する天体が常に渦巻腕に留まるならば、銀河の差動回転の結果、時間が経過するに従い渦巻腕の間隔はどんどん狭くなり、百億年程度でピッチ角0.3度というような何重にも腕が巻き込んだ銀河となるはずで、そのよう […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

マルカリアン銀河

強い紫外線連続光を出している銀河を、対物プリズム観測によって選び出したもの。紫外線の源は、活動銀河核からのものと、スターバーストからのものとがある。旧ソ連の天文学者マルカリアン(B. Malkarian)が1960年代に […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

マージャー(銀河の)

銀河同士が合体した痕跡を残している合体銀河のこと、また銀河同士の合体を指すこともある。銀河が密集し、かつ銀河間の相対速度がそれほど大きくない、銀河群のような環境で最も頻繁に起こると考えられている。相互作用の際の強い潮汐力 […]

2017年08月26日 太陽系

マントル

地球型惑星の内部で中心の金属核をとりまく厚い岩石層のこと。地球では厚さは2900 kmで、地球質量の3分の2を占める。地球ではマグネシウム、ケイ素が多いカンラン石を主成分とする。ほかの惑星でもカンラン石が主成分であると考 […]

2017年08月26日 太陽系

マグマオーシャン

マグマオーシャン仮説を参照。

2017年08月26日 太陽系

マグマオーシャン仮説

地球型惑星は集積段階で、微惑星集積により解放される重力エネルギーを原始大気の保温効果などにより取り込むことで、溶融状態にある。これをマグマオーシャンと呼ぶ。その中で、金属質物質は中心に沈み中心核を形成し、その際に解放され […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

MAGIC

マジックガンマ線望遠鏡を参照。

2017年08月26日 装置・施設・データベース

マルチミラー望遠鏡

アメリカ合衆国アリゾナ州のホプキンス山の山頂にある、口径6.5m反射望遠鏡。正式名称は「MMT」。スミソニアン研究所とアリゾナ大学によって共同で設立されたMMT観測所によって運用されている。 この望遠鏡は、2000年に改 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

マジックガンマ線望遠鏡

(Major Atmospheric Gamma-ray Imaging Cherenkov Telescope) マックスプランク物理学研究所を中心に、ドイツなどの国際協力でガンマ線天文学のためにカナリア諸島ラパルマ( […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

マゼラン望遠鏡

ラスカンパナス天文台にある口径6.5mの光赤外望遠鏡であるバーデ望遠鏡とクレイ望遠鏡の2台の総称。2台の望遠鏡はまったく同型であり、それぞれ、天文学者のバーデ(W. Baade)と慈善事業家のクレイ(L.T. Clay) […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

マクマス-ピアス太陽望遠鏡

アメリカ国立太陽天文台が運用する世界最大の太陽観測用塔望遠鏡。この望遠鏡は米国キットピーク国立天文台に設置されている。口径203cmのヘリオスタットにより太陽光を極軸に平行な方向に向いた塔望遠鏡の中に導き、その後に口径1 […]

関連画像

マクマス-ピアス太陽望遠鏡の概観。
(クレジット:Atlas Obscure)
https://www.atlasobscura.com/places/mcmath-pierce-solar-telescope-0