天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2022年03月09日 高エネルギー現象

高速電波バースト

電波(110 MHzから8 GHz)で観測される、継続時間が数ミリ秒ないしそれ以下の強力な(約10 mJy-100 Jyの)電磁波パルス。英語(Fast Radio Burst)の頭文字を取ってFRBと呼ばれることも多い […]

2022年01月12日 理論

降着流

中心天体への降着に伴う流れのこと。

2022年01月12日 理論

降着

中心にある重い天体(原始星、恒星、白色矮星、中性子星、ブラックホールなど)の重力に引き寄せられて周囲から物質(主にガスやダスト)が落下してくること。質量降着(mass accretion)という場合もある。 落下する物質 […]

2022年01月11日 装置・施設・データベース

広視野赤外線探査衛星

WISE衛星のこと。

2022年01月10日 太陽系外惑星

コールドスタートモデル

太陽系外惑星、特に、直接観測で発見された巨大惑星の成因に関する議論に用いられるモデルの一つ。標準的な惑星形成理論では微惑星が先に形成され、ガス降着を経て巨大惑星が形成される。この、いわゆるコア集積モデルでは、初期状態のエ […]

2021年09月11日 人名

小柴昌俊

日本の物理学者(1926-2020)。1955年ロチェスター大学PhD。1962年東京大学助教授。1967年東京大学理学博士。1970年同教授。1974年に高エネルギー物理学実験施設を設立。陽子崩壊の検出を目指して198 […]

2021年09月10日 人名

古在由秀

日本の天文学者(1928-2018)。1952年に東京大学東京天文台助手に着任。1958年東京大学理学博士。同年から1963年までスミソニアン天体物理観測所・ハーバード大学天文台客員研究員として滞米。帰国後東京天文台助教 […]

2021年03月04日 恒星

高密度天体

コンパクト天体を参照。

2021年03月04日 恒星

コンパクト天体

白色矮星、中性子星とブラックホールの総称。コンパクト星、高密度星、あるいは高密度天体とも呼ぶ。通常、恒星の進化の最終段階で誕生する。通常の恒星に比べて質量あたりのサイズが小さいため強力な重力場を伴う。単体では半永久的に存 […]

2020年12月03日 装置・施設・データベース

500メートル球面電波望遠鏡

中国科学院国家天文台により、中国南西部のミャオ族自治州平塘県に建設された口径500 の固定型電波望遠鏡。英語名称のFive-hundred-meter Aperture Spherical radio Telescope […]

2019年11月25日 星間物質と星形成

恒星間天体

星間空間に存在する星間物質(ガス)以外の天体。どの恒星にも重力的に束縛されていない。太陽系の彗星、小惑星、岩石惑星などと同種のものが多いと思われるが、たまたま太陽系近くを通過したものはこれまでに2例しか観測されていないの […]

2019年06月03日 理論

光速

光速度を参照。

2019年06月03日 理論

光速度

光の速さのこと。光速ともいう。一般に記号で書かれる。真空中を光(電磁波)が伝播する速さは、国際単位系では定義定数であり、その値は299792458 m/s(約30万km毎秒)である。光速度不変の原理は特殊相対性理論の柱の […]

2018年09月29日 恒星

コンパクト星

コンパクト天体を参照。

2018年07月12日 理論

コリメーション(宇宙ジェット)

宇宙ジェットの流れが細く絞られる現象のこと。日本語では「収束」という。トロイダル磁場などによって荷電粒子の流れが磁気的に細く絞られる場合と、星間空間のガス圧などによって流体力学的に細く絞られる場合がある。

2018年07月12日 観測技術

コリメーション(光学系)

光学系において、レンズや凹面反射鏡などを用いて平行光線ビームを得る(コリメートする)こと。分光器においては、対象からの光を分散素子に入射させる前にコリメートするのが一般的である。コリメートするレンズなどをコリメーターと呼 […]

2018年03月28日 観測天文学

光度関数

特定の種類の天体に対して、単位体積あたりに存在する数を明るさ(光度あるいは絶対等級)の関数として表したもの。さまざまな天体の基本的な観測量である。あるバンドにおける光度 L - L+dL(または絶対等級 M - M+dM […]

2018年03月01日 観測天文学

光度曲線(超新星の)

超新星の光度の時間変化を表す曲線(光度曲線を参照)。超新星の光度曲線は爆発が起きてすぐに最大光度に達し、その後数10日間急速な減光をしたのち、100日以上かけてゆっくりと減光するという形が一般的であるが、その詳細な形はタ […]

2018年02月22日 観測天文学

光度曲線(変光星の)

変光星の光度の時間変化を表す曲線(光度曲線を参照)。変光星の中でも特に、食連星とセファイドなどの脈動変光星の研究で、光度曲線が重要な役割を果たす。 食連星(食変光星)の光度曲線は一般に連星の公転周期の位相を横軸に取って表 […]

2018年02月22日 観測天文学

光度曲線(小惑星の)

小惑星の光度の時間変化を表す曲線(光度曲線を参照)。多くの小惑星や太陽系外縁天体は球からはずれた形状をしているため、自転とともに太陽に照らされている見かけの面積が変化して、光度が変動する。この光度の変動から自転周期を求め […]

関連画像

小惑星の回転によって光度が変化することを示す概念図。http://www.konkoly.hu/research3.shtml
小惑星asteroid (129) Antigoneの光度曲線。https://community.dur.ac.uk/physics.astrolab/a_lightcurve.html