天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 理論

近日点黄経

近日点を参照。

2017年08月26日 理論

近日点引数

近日点の方向は近日点引数あるいは近日点黄経で表す。近日点引数は昇交点から天体の軌道に沿って測った近日点までの角度で、軌道面内での近日点の方向を示すものである。記号としてはギリシャ文字のを使うことが多い。近日点黄経は近日点 […]

2017年08月26日 理論

近地点

地球の周りを回っている月や人工衛星の軌道で、地球からの距離が最も近くなる点のこと。地球に対する軌道が放物線や双曲線であっても、地球に最も近づく点を近地点と呼ぶ。近点、遠地点も参照。

2017年08月26日 理論

近点

ある天体の周りを回っている別の天体の軌道において、この2天体間の距離が最も近づく点のこと。中心天体が太陽、地球、火星、恒星(たとえば、実視連星系の主星)、天の川銀河(銀河系)中心の場合、それぞれ近日点、近地点、近火点、近 […]

2017年08月26日 理論

近銀点

銀河の周りを公転する天体について、銀河中心に最も近づく点のこと。逆に最も離れた点を遠銀点という。ただし、銀河の場合には質量分布が球対称とは大きく異なる上に、銀河内部を天体が通過することもできるので、公転軌道が閉じない場合 […]

2017年08月26日 理論

近日点

太陽系内の天体が運動していくとき、その軌道上で最も太陽に近づく点のこと。軌道としては、一般に、楕円、放物線、双曲線が考えられるが、いずれの場合にも太陽に最も近づく点が存在するので近日点が定義できる。離心率が0、すなわち円 […]

2017年08月26日 理論

極運動

地球の自転軸は歳差や章動のように力学的に予測のできる運動だけではなく、予測不能な運動もしている。この運動をまとめて極運動あるいは揺動と呼ぶ。言い方を変えれば、極運動は自転軸が地球の形状の対称軸である形状軸に対して動き回る […]

2017年08月26日 理論

局所慣性系

アインシュタイン(A. Einstein)の一般相対性理論の基礎となっている等価原理によれば、重力が作用している座標系から自由落下している加速座標系に移ることで重力の影響を打ち消すことができる。ただし、重力は空間や時間に […]

2017年08月26日 理論

軌道角運動量

主として原子物理で用いられる「電子の軌道角運動量」と主として天体力学で用いられる「天体の軌道角運動量」の2つがある。 1.電子の軌道角運動量は、原子において電子が原子核の周りを回る軌道運動によって発生する角運動量であり、 […]

2017年08月26日 理論

軌道傾斜角

太陽の周りを回る惑星などの軌道は、近似的にはある一つの平面内にあると考えてよい。この平面をその惑星の軌道面と呼ぶが、基準となる面と軌道面とがなす角度のことを軌道傾斜角と呼ぶ。軌道要素も参照。

2017年08月26日 理論

軌道長半径

惑星の軌道は近似的には楕円形をしているが、その楕円の長軸の半分の長さのことを軌道長半径、短軸の半分の長さのことを軌道短半径と呼ぶ。軌道要素も参照。

2017年08月26日 理論

軌道不安定

もともと交差しない軌道上にあった複数の天体の軌道が乱されて、軌道が互いに交差するようになることを軌道不安定と呼ぶ。中心星の周りを公転する同程度の質量の天体(たとえば惑星)の数が2つの場合は、軌道間隔(軌道長半径の差)が、 […]

2017年08月26日 理論

軌道要素

惑星など太陽の周りを回る天体の軌道や運動を表現するときに便利な量が軌道要素である。惑星などの場合、その軌道は近似的に楕円軌道となるが、軌道要素としては楕円の形を表す軌道長半径と離心率、楕円の空間での向きを示す軌道傾斜角、 […]

2017年08月26日 理論

木村項

z項を参照。

2017年08月26日 時と暦

逆行

何らかの基準に対して同じ方向に運動することを順行、逆方向に運動することを逆行という。 1.  公転の逆行 公転の順行あるいは逆行には大きく2通りの考え方がある。一つは惑星と同じように黄道の北極方向から見て反時計回りに公転 […]

2017年08月26日 人名

キャノン

アメリカの女性天文学者(1863-1941)。デラウエア州出身。1884年からウェレズリーカレッジとラドクリフカレッジで物理学を学ぶ。1898年ハーバード大学天文台のスタッフになり、ピッカリング(W. Pickering […]

2017年08月26日 人名

キャリントン

イギリスのアマチュア天文学者(1826-75)。ケンブリッジ大学トリニティカレッジ卒業。ダーラム大学天文台などに勤務した後、私設天文台を作り北極周辺の星のカタログを作った。1853-61年に長期的な太陽黒点の観測を行い、 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ぎんが衛星

日本で3番目のX線天文学 衛星として、1987年2月に打ち上げられ、1991年11月まで観測を行った。という大面積比例計数管を搭載し、2-37 keVのエネルギー範囲で、微弱なX線源までの感度を持つことを特徴とし、X線連 […]

2017年08月26日 理論

曲率パラメータ

ロバートソン-ウォーカー計量の表式に出てくるパラメータのこと。空間の曲率の符号を表す。が正の場合は正の曲率を持つ球面に似た空間、負の場合は双曲面に似た負曲率空間、ゼロの場合はユークリッド幾何の成り立つ平坦な空間を表す。

2017年08月26日 理論

共動座標

宇宙膨張とともに目盛が拡大する空間座標。固有時間と組になってロバートソン-ウォーカー計量の4次元時空座標として用いられる。共動座標は宇宙の物質に対して静止しており、共動座標から観測される銀河の分布や宇宙マイクロ波背景放射 […]

関連画像